1. HOME > 鋼構造の基礎 > 根巻き高さとは?1分でわかる意味、配筋、モデル化、柱脚の告示

根巻き高さとは?1分でわかる意味、配筋、モデル化、柱脚の告示

根巻き高さとは、根巻き柱脚のコンクリート高さのことです。根巻き高さを大きくすることで、鉄骨柱の剛性を高くできます。今回は、根巻き高さの意味、配筋、根巻き柱脚のモデル化、柱脚の告示について説明します。根巻き柱脚は、下記の記事が参考になります。

柱脚の種類


また、露出柱脚、埋め込み柱脚は下記の記事が参考になります。

露出柱脚とは何か?

柱脚の種類

根巻き高さとは?

根巻き高さとは、根巻き柱脚のコンクリート部の高さです。下図をみてください。この部分が、根巻き高さです。

根巻き高さ

根巻き高さは、柱幅(柱せいと柱幅が異なる値の場合、大きい方を採用)の2.5倍以上にします。これは国土交通省告示、鋼構造接合部指針に明記されています。なお、鋼構造接合部指針の規定は下記です。


・根巻き高さ ⇒ 柱せいの2.5倍以上

・rl/d≧1.0


rlはベースプレート下面から根巻き鉄筋コンクリートの最上部帯筋までの距離、dは圧縮縁から引張主筋重心までの距離です。


根巻き高さを大きくするほど、鉄骨柱の剛性が高くできます。変形や応力が小さくなるので、部材断面を小さくできます。


根巻き柱脚の詳細は、下記の記事が参考になります。

根巻き柱脚の配筋

根巻き柱脚の配筋は、鉄筋コンクリート柱と同様に、主筋と帯筋で構成します。主筋は最低限、四隅に1本ずついれます。主筋の先端はフック付きとします。主筋の周りは帯筋を配置します。帯筋の鉄筋は「D13@100」程度です。

根巻き柱脚のモデル化

根巻き柱脚のモデル化は、

鋼構造設計規準―許容応力度設計法

鋼構造接合部設計指針

などが参考になります。


根巻き柱脚のモデル化として、根巻き高さ部分の剛域を考慮して設計する方法があります。また、ベースプレート下端を剛支点とする方法もあります。構造物の特性に応じて、適切なモデル化を行いましょう。

根巻き高さと告示の関係

根巻き高さは告示で規定されます。告示は、平12建告第1456号の二号に明記あります。

まとめ

今回は根巻き高さについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。根巻き高さは、根巻き柱脚のコンクリート部の高さです。根巻き高さを大きくするほど、鉄骨柱の剛性が高くなります。なお、根巻き柱脚とするには、根巻き高さを鉄骨柱せいの2.5倍以上とします。根巻き柱脚は、露出柱脚や埋め込み柱脚に比べて、応力解析の評価が複雑です。特に、せん断力に対して注意してくださいね。根巻き柱脚は、下記の記事が参考になります。

柱脚の種類

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 根巻き高さとは?1分でわかる意味、配筋、モデル化、柱脚の告示