1. HOME > 鋼構造の基礎 > sus304とは?1分でわかる意味、比重、ヤング率、溶接性、特徴、規格、成分

sus304とは?1分でわかる意味、比重、ヤング率、溶接性、特徴、規格、成分

sus304とは、ステンレス鋼の種類の1つです。建築構造用ステンレス鋼といいます。建築構造用鋼材なので、降伏比が規定されます。今回はsus304の意味、比重、ヤング率、溶接性、特徴、規格、成分について説明します。


ステンレス鋼、降伏比の意味は、下記の記事が参考になります。

ステンレス鋼とは?1分でわかる意味、特徴、線膨張係数、降伏点、引張

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?

sus304とは?

sus304は、ステンレス鋼の種類の1つで、建築構造用ステンレス鋼といいます。※ステンレス鋼の意味は、下記の記事が参考になります。

ステンレス鋼とは?1分でわかる意味、特徴、線膨張係数、降伏点、引張


他のステンレス鋼と同様に、空気中や水中で錆びにくい特徴があります。また、建築構造用の鋼材なので、降伏比が規定されます。塑性化した際の、エネルギー吸収に優れた材料といえます。※降伏比の意味は、下記の記事が参考になります。

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?

sus304の規格

sus304の規格を下記に示します。

sus304の規格

ヤング係数、ポアソン比、密度など、一般の鋼と同等程度です。ただ、ヤング係数は鋼より小さく、密度は鋼より大きいことを覚えてくださいね。


特に、部材の変形量を計算するとき、ヤング係数が小さいので、たわみが大きくなる点に注意しましょう。


引張強度、降伏比は、下記です。


降伏比 0.4程度

引張強度 520N/mu以上

基準強度 235N/mu以上

sus304の比重

sus304の比重は、7.93です。


鋼の比重が7.85なので、鋼よりやや重い材料だといえます。

sus304のヤング率

sus304のヤング率は、193000N/muです。一般の鋼より、値が小さいですね。

sus304の特徴と溶接性

sus304は、下記の特徴があります。


・空気中、水中で錆びにくい

・耐火性に優れる

・耐低温性に優れる

・溶接性に優れる

・降伏比が規定される

・明確な降伏点が無い


他のステンレス鋼と同様に、耐食性が高い(錆びにくい)のが、特徴の1つです。よって、外気に触れるカ所にステンレス鋼を用います。


また、溶接性にも優れます。一般的な鋼材と同じように溶接が可能です。

sus304の成分

sus304は、耐食性に優れており、クロム18%、ニッケル8%が含有されています。なお、クロム11%が含有される鋼を、ステンレス鋼といいます。ステンレス鋼の意味は、下記の記事が参考になります。

ステンレス鋼とは?1分でわかる意味、特徴、線膨張係数、降伏点、引張

まとめ

今回はsus304について説明しました。意味が理解頂けたと思います。sus304は、建築構造用ステンレス鋼の1つです。耐食性や耐火性、耐低温性に優れるだけでなく、降伏比が規定されます。塑性化後のエネルギー吸収に優れた鋼材です。下記の記事も併せて参考にしてください。

ステンレス鋼とは?1分でわかる意味、特徴、線膨張係数、降伏点、引張

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > sus304とは?1分でわかる意味、比重、ヤング率、溶接性、特徴、規格、成分