1. HOME > 構造計算の基礎 > 剛床とは?1分でわかる意味、読み方、定義、剛床工法、木床とRC床の違い

剛床とは?1分でわかる意味、読み方、定義、剛床工法、木床とRC床の違い

剛床とは、変形しないほど固い床のことです。建築物の構造計算は、他の部材に比べて「床が固い」という仮定の上に成り立ちます。今回は剛床の意味、読み方、定義、剛床工法、木床とRC床の違いについて説明します。


※鉄筋コンクリートの床は、特別な処置が不要のまま「剛床」といえます。RC床をスラブといいます。スラブの意味は、下記の記事が参考になります。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間


鉄骨造で、床にALCを使う場合や、屋根に剛床仮定を採用する場合は、水平ブレースを入れます。水平ブレースは、下記の記事が参考になります。

水平ブレースとは?1分でわかる意味、役割、剛床との関係、位置

剛床とは?

剛床は、他の部材に比べて変形しないくらい固い床です。


床は、人や物を支える目的があります。これが主目的ですが、地震時には別の目的があります。


地震の力を、各部材へ伝える


という目的です。下図をみてください。床が無い梁に水平方向の力が作用しています。梁は水平方向に変形しますね。当然ですが、水平力を受ける梁から、反対側の梁まで力は伝わりません。

剛床が無い梁

一方、固い床がある梁に水平力が伝わると、固い床を介して、反対側の梁まで水平力が伝達されます。

剛床のある梁

ただし、固い床でないと、水平力を伝えることができません。よって、床は「剛床」にします。

剛床の読み方

剛床は「ごうしょう」と読みます。関係する用語の読み方を下記に示します。


剛床仮定 ⇒ ごうしょうかてい

剛床解除 ⇒ ごうしょうかいじょ

剛床工法 ⇒ ごうしょうこうほう


剛床の読み方は同じです。

剛床の定義

剛床の定義は、


変形しないほど固い床


です。

剛床工法

剛床工法は、合板を厚くして根太を省略できる工法です。根太を省略できる分、施工が簡単です。※厚くした合板は、梁に直接留めます。なお一般の木床は、合板の下に根太を配置して床をつくります。

剛床と木床とRC床の関係

木床や鋼製床、乾式床は剛床になるか確認が必要です。鉄骨造では、剛床になるよう水平ブレースをいれます。※水平ブレースの意味は、下記の記事が参考になります。

水平ブレースとは?1分でわかる意味、役割、剛床との関係、位置


RC床(スラブ)は、一般的に150以上の厚みがあります。スラブは剛性が高いので、自然と剛床が確保できます。

剛床解除の意味

剛床解除は、構造計算で用いる用語です。一貫計算プログラムは、剛床が前提条件で計算を進めます。そのため、「床が無い箇所」も自動的に剛床となります。剛床でない部分は、剛床を解除する設定(剛床解除)を行います。

まとめ

今回は剛床について説明しました。意味が理解頂けたと思います。剛床は、変形しないほど固い床です。RC床は剛性が高いので、自然と剛床が確保できます。木床や鋼製床、乾式床は剛床とならないので水平ブレースを入れるなど、処置が必要です。下記の記事も併せて参考にしてください。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間

水平ブレースとは?1分でわかる意味、役割、剛床との関係、位置


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 剛床とは?1分でわかる意味、読み方、定義、剛床工法、木床とRC床の違い