建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > SUS201とは?1分でわかる意味、SUS304との違い、jis規格

SUS201とは?1分でわかる意味、SUS304との違い、jis規格

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


SUS201とは、ステンレス鋼の種類の1つです。Crが16~18%、Niが3.5~5.5、Mnが5.5~7.5%などの化学成分が添加された鋼です。SUS202、SUS304に比べてCrの添加量が少ないです。ステンレス鋼は耐食性がありますがCrの量に影響します。よって、SUS201よりSUS304の方が耐食性が高いといえます。今回はSUS201の意味、SUS304との違い、jis規格について説明します。SUS202、SUS304の詳細は下記が参考になります。

SUS202とは?1分でわかる意味、成分、比重、用途、耐食性、硬度

sus304とは?1分でわかる意味、比重、ヤング率、溶接性、特徴、規格、成分

sus304の成分は?1分でわかる成分、jis規格、ヤング率、比重の関係

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

SUS201とは?

SUS201はステンレス鋼の種類の1つで、オーステナイト系に分類されます。最も一般的な分類の1つで、SUS201だけでなく下表などのステンレス鋼もあります。


種類の記号 分類 種類の記号 分類
SUS201 オーステナイト系 SUS321 オーステナイト系
SUS202 SUS347
SUS301 SUSXM7
SUS302 SUSXM15J1

SUS202、SUS304の特徴は下記が参考になります。

SUS202とは?1分でわかる意味、成分、比重、用途、耐食性、硬度

sus304とは?1分でわかる意味、比重、ヤング率、溶接性、特徴、規格、成分

スポンサーリンク

SUS201とSUS304の違い

SUS201とSUS304の違いは、化学成分や機械的性質をみると分かります。下表にSUS201とSUS304の化学成分を示します。


(単位 %)

種類の記号 C Si Mn P S Ni Cr Mo Cu N その他
SUS201  0.15 以下 1.00 以下 5.50~ 7.50 0.060 以下 0.030 以下 3.50~ 5.50 16.00~ 18.00 0.25 以下 ― 

種類の記号 C Si Mn P S Ni Cr Mo Cu N その他
SUS304 0.08 以下 1.00 以下 2.00 以下 0.045 以下 0.030 以下 8.00~ 10.50 18.00~ 20.00
SUS304L 0.030 以下 1.00 以下 2.00 以下 0.045 以下 0.030 以下 9.00~ 13.00 18.00~ 20.00
SUS304N1 0.08 以下 1.00 以下 2.50 以下 0.045 以下 0.030 以下 7.00~ 10.50 18.00~ 20.00 0.10~ 0.25
SUS304N2 0.08 以下 1.00 以下 2.50 以下 0.045 以下 0.030 以下 7.50~ 10.50 18.00~ 20.00 0.15~ 0.30 Nb0.15 以下
SUS304LN 0.030 以下 1.00 以下 2.00 以下 0.045 以下 0.030 以下 8.50~ 11.50 17.00~ 19.00 0.12~ 0.22
SUS304J3 0.08 以下 1.00 以下 2.00 以下 0.045 以下 0.030 以下 8.00~ 10.50 17.00~ 19.00 1.00~ 3.00

SUS201に比べてSUS304の方が、Crの量が多いです。鋼はCrを添加することで耐食性が高くなります。よってSUS304の方が、耐食性が高いです。また、SUS201とSUS304の機械的性質を比べると、SUS201の方が耐力が高いです。


種類の記号 耐力 N/m㎡ 引張強さ N/m㎡ 伸び % 絞り % 硬さ 適用寸法
HBW HRBSまたは   HRBW HV
SUS201 275以上 520以上 40以上 45以上 241以下 100以下 253以下
SUS202 275以上 520以上 40以上 45以上 207以下 95以下 218以下
SUS304 205以上 520以上 40以上 60以上 187以下 90以下 200以下
SUS304L 175以上 480以上 40以上 60以上 187以下 90以下 200以下

SUS201とjis規格の関係

SUS201の規格はjisg4303に規定されています。jisg4303は、ステンレス鋼棒に関する規定です。よって、SUS201は鋼棒の場合のみ規定されます。鋼板、鋼帯ではSUS201を使えません。

まとめ

今回はSUS201について説明しました。意味が理解頂けたと思います。ステンレス鋼は、添加される成分で色々な違いがあります。一般的なステンレス鋼SUS304とSUS201の違いを理解しましょう。下記も参考になります。

sus304とは?1分でわかる意味、比重、ヤング率、溶接性、特徴、規格、成分

SUS202とは?1分でわかる意味、成分、比重、用途、耐食性、硬度

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > SUS201とは?1分でわかる意味、SUS304との違い、jis規格
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事