1. HOME > 鋼構造の基礎 > ステンレス鋼とは?1分でわかる意味、特徴、線膨張係数、降伏点、引張強度
スポンサーリンク

ステンレス鋼とは?1分でわかる意味、特徴、線膨張係数、降伏点、引張強度

ステンレス鋼とは、耐食性を付与した鋼のことです。普通の鋼に比べて、クロムの量を多くしています。今回はステンレス鋼の意味、特徴、線膨張係数、降伏点と降伏条件、引張強度について説明します。※鋼の種類、特殊鋼の意味は下記の記事が参考になります。

鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号

特殊鋼とは?1分でわかる意味、読み方、普通鋼との違い、軟鋼、高張力

ステンレス鋼とは?

ステンレス鋼は、耐食性を付与した鋼です。ステンレス鋼は、普通の鋼に比べてクロムの量を増やしています(およそ11%以上で錆びにくくなります)。


構造部材として使うことは少ないですが、仕上げ材の一部や、ルーバー、カーテンウオールなどに利用されます。ルーバーなどは、外気や雨に晒されるため、耐食性のあるステンレス鋼が、都合が良いです。

スポンサーリンク

ステンレス鋼の特徴

ステンレス鋼の特徴を下記に整理しました。


・錆びにくい(耐食性が高い)

・耐火性に優れる

・耐低温性がある

・溶接性に優れる

・高力ボルトによる摩擦接合も可能


一般の鋼にはない特性があります。耐食性が求められる場所で使う鋼材です。※耐食性が必要な鋼材には、溶融亜鉛メッキを施すことも多いです。溶融亜鉛メッキの意味は、下記の記事が参考になります。

溶融亜鉛メッキとは?すぐに分かる特徴や規格、溶融亜鉛メッキボルト


ステンレス鋼以外の特殊鋼(耐火鋼など)は、下記が参考になります。

特殊鋼とは?1分でわかる意味、読み方、普通鋼との違い、軟鋼、高張力

ステンレス鋼の線膨張係数、降伏点、引張強度、降伏比

ステンレス鋼の線膨張係数、降伏点、引張強度、降伏比を下記に示します(SUS304Aの場合)。


線膨張係数 ⇒ 1.7×10-5/℃

引張強度 ⇒ 520N/mu以上

降伏比 ⇒ 0.4 程度

ヤング係数 ⇒ 1.93×105N/mu


なお、SUS304Aを建築構造用ステンレス鋼といいます。基準強度は235でSN400と対応します。ヤング係数は、一般の鋼に比べてやや低いです(概ね同等)。


※ヤング係数の意味は下記が参考になります。

ヤング係数(ヤング率)ってなに?1分でわかるたった1つのポイント


ステンレス鋼には明確な降伏点が存在しません。そこで、ひずみが0.1%時点の応力度を、降伏強度と考えます。


降伏比が規定されており、塑性変形を考慮した建物にも対応しています。※降伏比の意味は、下記が参考になります。

降伏比が簡単にわかる2つのポイントとは?

まとめ

今回はステンレス鋼について説明しました。意味が理解頂けたと思います。ステンレス鋼は、耐食性を付与した鋼材です。外気に晒される箇所に使います。例えば、ルーバーやカーテンウオールです。柱や梁などの構造部材は、一般的に仕上げ材の中に隠れるので、ステンレス鋼を使うことは少ないですね。下記の記事も併せて参考にしてください。

鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号

特殊鋼とは?1分でわかる意味、読み方、普通鋼との違い、軟鋼、高張力

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ステンレス鋼とは?1分でわかる意味、特徴、線膨張係数、降伏点、引張強度
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事