1. HOME > 鋼構造の基礎 > 特殊鋼とは?1分でわかる意味、読み方、普通鋼との違い、軟鋼、高張力鋼との関係
スポンサーリンク

特殊鋼とは?1分でわかる意味、読み方、普通鋼との違い、軟鋼、高張力鋼との関係

特殊鋼とは、特殊な用途で使う鋼材です。明確な定義は無いですが、一般的に使う鋼材(普通鋼)と分けて定義されます。例えば、耐火性能を持つ耐火鋼が、特殊鋼です。今回は特殊鋼の意味、読み方、普通鋼との違い、軟鋼、高張力鋼との関係について説明します。


※耐火鋼の意味は、下記の記事が参考になります。

fr鋼とは?1分でわかる意味、特徴、溶接性、耐火被覆との関係

特殊鋼とは?

特殊鋼とは、特殊な用途で使う鋼材です。なお、一般的に使う鋼材を普通鋼といいます。普通鋼は、


特殊な性能を持たない軟鋼


です。軟鋼とは、引張強度が490N/mu以下の鋼材をいいます。


例えば、調質を行わない非調質鋼は、普通使わない鋼材です。よって、非調質鋼を特殊鋼と考えます。また、耐火性能に優れた耐火鋼や、TMCP鋼が特殊鋼です。※耐火鋼、TMCP鋼は下記の記事が参考になります。

tmcp鋼とは?1分でわかる意味、規格、板厚、40mmの板厚の関係、大臣

fr鋼とは?1分でわかる意味、特徴、溶接性、耐火被覆との関係

特殊鋼の読み方

特殊鋼は、「とくしゅこう」と読みます。

特殊鋼と普通鋼との違い

特殊鋼と普通鋼との違いを下記に整理しました。


特殊鋼 ⇒ 特殊な用途で使う鋼材のこと

普通鋼 ⇒ 一般的に用途に使う鋼材のこと


特殊鋼とは、特殊な用途で使う鋼材のことです。例えば、耐火鋼やTMCP鋼などです。なお、一般的に使う鋼材を普通鋼といいます。通常の鉄骨造では、引張強度が490MPa以下の軟鋼を使います。よって、軟鋼は普通鋼の分類に入ります。


耐火鋼、TMCP鋼の意味は、下記の記事が参考になります。

fr鋼とは?1分でわかる意味、特徴、溶接性、耐火被覆との関係

tmcp鋼とは?1分でわかる意味、規格、板厚、40mmの板厚の関係、大臣


なお、一般的に使う鋼材の種類として、


SS400

SN400

SM400


などがあります。それぞれ、下記の記事が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー

SN400Bとは?1分でわかる規格、SS400との違い、重量、H形鋼との関係

sm400とは?1分でわかる規格、特徴、成分、材質、ss400との違い


まずは、普通鋼の特徴や使い方などを覚えてくださいね。例えば、ss400は溶接に適さない鋼材です。溶接する場合、Sm400を使います。また、sn400材は、建築構造用に特化した材料です。

特殊鋼と軟鋼、高張力鋼の関係

一般的に使う鋼材は、軟鋼が多いです。よって、軟鋼を普通鋼と考えます。軟鋼より強度の高い、超高張力鋼などは特殊鋼に該当します(張強度が1000N/mu以上の鋼材)。他にもステンレス鋼は、特殊鋼です。

まとめ

今回は特殊鋼について説明しました。意味が理解頂けたと思います。特殊鋼は、特殊な用途で使う鋼材です。耐火鋼やTMCP鋼があります。また、一般的に使う鋼材を普通鋼といいます。特殊鋼との違いを理解しましょう。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

fr鋼とは?1分でわかる意味、特徴、溶接性、耐火被覆との関係

tmcp鋼とは?1分でわかる意味、規格、板厚、40mmの板厚の関係、大臣


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 特殊鋼とは?1分でわかる意味、読み方、普通鋼との違い、軟鋼、高張力鋼との関係