1. HOME > 鋼構造の基礎 > 普通鋼とは?1分でわかる意味、種類、特殊鋼との違い、ss400、合金鋼、ステンレス鋼との関係
スポンサーリンク

普通鋼とは?1分でわかる意味、種類、特殊鋼との違い、ss400、合金鋼、ステンレス鋼との関係

普通鋼とは、一般的な用途に使う鋼材です。特殊な用途で使う鋼材を、特殊鋼といいます。例えば、耐火鋼(耐火性に優れた鋼材)は特殊鋼です。普通鋼として、ss400やsn400などがあります。今回は普通鋼の意味、種類、特殊鋼との違い、ss400、合金鋼、ステンレス鋼との関係について説明します。特殊鋼、耐火鋼の意味は、下記が参考になります。

特殊鋼とは?1分でわかる意味、読み方、普通鋼との違い、軟鋼、高張力

fr鋼とは?1分でわかる意味、特徴、溶接性、耐火被覆との関係

普通鋼とは?

普通鋼(とくしゅこう)は、一般的な用途に使う鋼材です。特殊な用途に使う鋼材を特殊鋼といいます。一般的な用途とは、「構造物を構成する」などです。特殊鋼は、構造部材として使えるだけでなく、「特殊な機能(性能)」が付与されます。耐火鋼は、「耐火性」に特化しています。特殊鋼の詳細は、下記が参考になります。

特殊鋼とは?1分でわかる意味、読み方、普通鋼との違い、軟鋼、高張力

普通鋼の種類

普通鋼の種類には、下記があります。


SS400

SN400

SN400

BCR295


SN400やSS400は構造物の梁、BCR295は柱として使います。各鋼材の規格、特徴は上記の記事をご確認ください。

普通鋼と特殊鋼の違い

普通鋼と特殊鋼の違いを下記に示します。


普通鋼 ⇒ 一般的な用途に使う鋼材(SS400、SN400など)

特殊鋼 ⇒ 特殊な用途に使う鋼材(耐火鋼など)


ただ、普通鋼と特殊鋼の違いは、JISなどでは特に規定が無いです。特殊鋼の詳細は、下記が参考になります。

特殊鋼とは?1分でわかる意味、読み方、普通鋼との違い、軟鋼、高張力

普通鋼とss400の関係

Ss400は普通鋼の1つです。Ss400は一般構造用圧延鋼材といいます。小さな鉄骨造の構造部材として使うことが多いです。詳細は下記が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバー

普通鋼と合金鋼の関係

炭素以外の元素を添加した鋼を、合金鋼といいます。現在使われる鋼材のほとんどが合金鋼です。合金鋼は、低合金鋼と高合金鋼に分類されます。これらは元素の添加量の違いです。下記の記事も参考になります。

軟鋼とは?1分でわかる意味、硬鋼との違い、読み方、引張強さ、ヤング率

普通鋼とステンレス鋼の関係

ステンレス鋼は、耐食性を付与した鋼材です。ステンレス鋼は、特殊鋼の1つです。ステンレス鋼の詳細は、下記が参考になります。

ステンレス鋼とは?1分でわかる意味、特徴、線膨張係数、降伏点、引張

まとめ

今回は普通鋼について説明しました。意味が理解頂けたと思います。普通鋼は、一般的な用途に使う鋼材です。特殊鋼の意味、種類と併せて理解すると、覚えやすいですね。また、建築の構造部材として多く使う鋼材に「軟鋼」があります。下記の記事も勉強しましょう。

軟鋼とは?1分でわかる意味、硬鋼との違い、読み方、引張強さ、ヤング率

特殊鋼とは?1分でわかる意味、読み方、普通鋼との違い、軟鋼、高張力


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 普通鋼とは?1分でわかる意味、種類、特殊鋼との違い、ss400、合金鋼、ステンレス鋼との関係