1. HOME > 構造計算の基礎 > 重量の単位は?1分でわかる単位、ニュートンとの関係、変換
スポンサーリンク

重量の単位は?1分でわかる単位、ニュートンとの関係、変換

重量の単位は、N(にゅーとん)やkN(きろにゅーとん)です。旧単位(工学単位系)では、kgfやkg重が用いられました。なお、NやkNの単位を、SI単位系といいます。混同しやすいのが質量です。質量は、物の量そのものを表します。単位はt、kg、gです。今回は、重量の単位、ニュートンとの関係、重量の単位変換について説明します。


※重量と質量の違い、SI単位系の意味は、下記の記事が参考になります。

質量、重量とは?1分でわかる意味、違い、換算、体重計、重力との関係

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

重量の単位は?

重量の単位は、


N(にゅーとん)

kN(きろにゅーとん)


です。重量の単位と聞かると、多くの方が「kg」や「g」などを思い浮かべると思います。これは間違いです。そもそも、重量と質量は意味が違います。重量と質量の違いを下記に整理しました。


重量 ⇒ 質量に重力加速度を掛けた値

質量 ⇒ 物の量そのもの


なお、重量は下式で計算します。


重量(N)=質量(kg)×重力加速度(m/s^2)


重量は「重力」によって変わる値です。質量50kgの物が、地球と月では重さが違うのは、そのためです。一方で、質量は変わりません。月に行っても、50kgの物は50kgの量を持っています。


重量と質量の違いは、下記の記事も参考になります。

質量、重量とは?1分でわかる意味、違い、換算、体重計、重力との関係

重量の単位とニュートンの関係

重量の単位は、N(ニュートン)やkNで表します。ただし、重量と質量の用語を厳密に使う人は少ないです。NやkNの単位を、SI単位系といいます。SI単位系は、国際的に規格化された単位です。SI単位系ができる前、日本では工学単位系を使っていました。工学単位系による重量の単位は、


Kgf(きろぐらむふぉーす)

Kg重(きろぐらむじゅう)


です。質量の値と重量の値が同じになるので、工学単位系に馴染みのある方も多いと思います。


SI単位系の意味は下記の記事が参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

重量の単位変換

質量から重量へ、重量から質量へ単位変換しましょう。実は難しく考える必要は無いです。質量から重量への単位変換は、質量に「10(9.8は細かいので工学の実務では10とする)」を掛けます。逆に重量から質量の単位変換は、重量を10で割ります(厳密には9.8で割る)。

質量から重量の単位変換

1g ⇒ 0.01N

1kg ⇒ 10N

1t ⇒ 10*1000N=10kN

重量から質量の単位変換

1kN ⇒ 0.1t

1N ⇒ 0.1kg


重量の単位変換は、下記の記事も参考になります。

質量、重量とは?1分でわかる意味、違い、換算、体重計、重力との関係

まとめ

今回は重量の単位について説明しました。重量の単位が理解頂けたと思います。重量の単位はNやkNで表します。質量との違いに注意しましょう。質量から重量の単位変換も覚えてくださいね。重量と質量の違い、SI単位系の意味など、下記の記事も併せて参考にしてください。

質量、重量とは?1分でわかる意味、違い、換算、体重計、重力との関係

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 重量の単位は?1分でわかる単位、ニュートンとの関係、変換