1. HOME > 構造計算の基礎 > キャノピーとは?1分でわかる意味、建築物との関係、庇との違い、面積

キャノピーとは?1分でわかる意味、建築物との関係、庇との違い、面積

キャノピーとは、建築用語で「庇」のことです。キャノピーと庇は同じ意味ですが、実務では両方の用語を使います。今回は、キャノピーの意味、建築物との関係、庇との違い、キャノピーの建築面積、床面積の考え方について説明します。※庇については、下記が参考になります。

庇とは?1分でわかる意味、主要メーカー、後付け庇のメリット・デメリット

キャノピーとは?

キャノピーは、庇のことです。英語のcanopyをカタカナ読みした用語です。canopyは、ひさし、大空という意味です。


但し、スタジアムで見る比較的大きな庇(大庇)をキャノピーということが多いです。


下図をみてください。建物から跳ね出した庇がありますね。これがキャノピーです。

キャノピー


キャノピーは、正面玄関の入り口や、勝手口に設けます。キャノピーは片持ち形状なので、たわみなどに注意します。特に、


よく確認してください。

キャノピーと建築物の関係

キャノピーは色々な建築物に設けます。前述したように、比較的大きな庇をキャノピーといいます。


例えば、

・病院

・スタジアム(運動場、球場)

・空港

・庁舎


のエントランスにつくりますね。

キャノピーと庇の違い

キャノピーと庇は同じ意味ですが、キャノピーの方が、比較的大きな庇を指します。また、キャノピーは英語をカタカナ読みした用語で、庇は日本語の用語ですね。下記に違いを整理しました。


キャノピー ⇒ 庇のこと。但し、比較的大きな屋根に使用される用語。英語のcanopyをカタカナ読みした言葉。

庇 ⇒ 雨を避ける片持ち形状の屋根。日本語の用語。

キャノピーの建築面積、床面積

キャノピーの建築面積、床面積は、建築基準法と同様です。下記に整理しました。


・建築面積 ⇒ キャノピーの先端から1.0m後退した位置から、面積に含める

・床面積  ⇒ 床面積に含めない(床ではない。人が床として利用しない)。バルコニー(ベランダ)は別。バルコニーの床面積は、下記の考え方が参考になります。

延べ面積とは?1分でわかる意味、計算、バルコニーの考え方、容積率の関係


下図をみてください。建物からキャノピーが2.0mほど、跳ね出しています。先端から1.0m後退した位置から面積に含めます(色塗りした部分)。

キャノピーと床面積

上記の根拠として、建築基準法施行令2条1項2号に、建築面積の算定法について明記有ります。

まとめ

今回はキャノピーについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。キャノピーは庇と同じ意味です。実務では、どちらの用語も使います。どちらを使っても良いですが、「庇」の方が、意味が通じやすいです。また、図面の中で2つの用語を使わないよう注意してください。※庇については下記が参考になります。

庇とは?1分でわかる意味、主要メーカー、後付け庇のメリット・デメリット

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > キャノピーとは?1分でわかる意味、建築物との関係、庇との違い、面積