1. HOME > 構造計算の基礎 > 幅はどこの部分?1分でわかる意味、長さとの違い、単位、読み方、記号、wとの関係

幅はどこの部分?1分でわかる意味、長さとの違い、単位、読み方、記号、wとの関係

幅とは、物の大きさを表す用語です。家具の大きさを表すとき、wという記号を使います。似た用語で「長さ」があります。今回は幅の意味、長さとの違い、単位、読み方、記号、wとの関係について説明します。


建築で使う長さ、寸法の記号は、下記の記事が参考になります。

寸法の記号は?1分でわかる意味、種類、読み方、w、t、h、l、bとの関係

幅はどこの部分?

幅は、物の大きさを表します。主に、物の平面的な大きさのことで、〇mmや〇cmなど数値を欠きます。下図をみてください。これが幅の部分です。また幅より長い部分を、「長さ」といいます。

幅

下図をみてください。どちらが幅で、長さでしょうか。長い方が「長さ」、短い方が「幅」です。

幅と長さ

机や棚を購入すると、幅100cm×長さ200cmと書いてあります。幅と長さの違いを覚えれば、家具を選んで家に持ち帰ったとき失敗が少ないです。


なお、幅や長さを示す数値(〇cmなど)を、寸法といいます。インテリアや建築では、寸法がとても大事です。寸法の意味、寸法を表す記号は下記が参考になります。

寸法の記号は?1分でわかる意味、種類、読み方、w、t、h、l、bとの関係

幅と長さの違い

幅と長さの違いを下記に整理しました。


幅 ⇒ 物の大きさを表す。寸法の短い方が幅

長さ ⇒ 物の大きさを表す。寸法の長い方が長さ


下図に長さと幅の違いを示します。

幅と長さの違い

幅の単位

幅の単位は、


mm(みりめーとる)

cm(せんちめーとる)

m(めーとる)


のいずれかを使います。家具などはcmで表す方が一般的です。建築ではmをよく使います。

幅の記号と読み方

幅の記号はwで示します。これはwidthの頭文字をとっています。また、家具などは下記のように大きさを表記します。


W70 x D50 x H72


上記の家具は、幅が70cm、奥行きが50cm、高さが72cmです。Dは奥行きを意味し、英語のdepthの頭文字をとります。Hは高さのことで、英語のheightの頭文字です。


また、


L70 x W50 x H72


と書くこともあります。Lは「長さ」で、英語のLengthの頭文字です。寸法に使う記号は、下記が参考になります。

寸法の記号は?1分でわかる意味、種類、読み方、w、t、h、l、bとの関係

まとめ

今回は幅について説明しました。意味が理解頂けたと思います。幅は、物の平面的な大きさを表す用語です。長さとの違い、幅の記号、単位など覚えましょう。一般的に使う単位はcmです。建築物などは扱う物が大きいので、mをよく使います。寸法の記号など、下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

寸法の記号は?1分でわかる意味、種類、読み方、w、t、h、l、bとの関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 幅はどこの部分?1分でわかる意味、長さとの違い、単位、読み方、記号、wとの関係