1. HOME > 構造計算の基礎 > 軽微な変更とは?1分でわかる意味、計画変更との違い、構造、意匠の事例

軽微な変更とは?1分でわかる意味、計画変更との違い、構造、意匠の事例

軽微な変更とは、確認審査が終了後、元々の建築物の品質に影響しない軽微な変更のことです。具体的な事例が、建築基準法施行規則3条の2に規定されます。構造は、現場が始まってから変更することも多く、軽微な変更をよく行います。今回は、軽微な変更の意味、計画変更との違い、構造、意匠の事例を紹介します。


計画変更については下記が参考になります。

計画変更とは?1分でわかる意味、構造関係の対象、工事中断の理由

軽微な変更とは?

軽微な変更とは、確認審査の終了後、「設計時の建物の品質に影響しない軽微な変更」をいいます。単に「軽微な変更」といっても、細かい規則があります(建築基準法施行規則第3条の2)。


構造、意匠、設備で各規定があります。特に、構造に関わる項目が多いです。※後述しました。


「軽微な変更」となる変更は、

と考えてください。例えば梁の材質が、設計時より高品質になる変更は、軽微な変更です。品質が高くなるので、設計時の品質は必ず確保されるからです。


建築の実務では、「安全側」「危険側」という言い方をします。両者の言い回しを覚えてくださいね。

軽微な変更と計画変更の違い

軽微な変更と計画変更の違いを下記に整理しました。


軽微な変更 ⇒ 設計時の品質が確保される変更(安全側の変更)。軽微変更届を提出すればOK。軽微変更届は、完了検査時に提出するのみ。※但し、軽微変更に該当するか、確認審査機関との調整が必要。

計画変更  ⇒ 設計時より品質が落ちる変更(危険側の変更)。確認、適判共に再審査となる。


計画変更については下記が参考になります。

計画変更とは?1分でわかる意味、構造関係の対象、工事中断の理由


軽微な変更は、完了検査時に「軽微な変更に該当することがわかる資料」を提出すれば良いです。


一方、計画変更は、確認、適判共に再審査が必要です。確認申請には数ヶ月を要するので、工程に大きく影響します。

スポンサーリンク
 

軽微な変更の事例

何が軽微な変更に該当するのか、規則3条の2に細かな規定があります。※但し、詳細は審査した確認検査機関への確認が必要です。

構造

構造関係の軽微な変更は、各部材(杭、小梁など)に規定があります。全部材に共通する、軽微な変更の項目を下記に示します。


例えば各部材の、


で、安全側の変更(耐力が減少しないなど)であれば、軽微な変更です。詳しくは、下記の書籍が参考になります。

意匠

意匠関係の軽微な変更は下記です。

まとめ

今回は、軽微な変更について説明しました。意味が理解頂けたと思います。軽微な変更は、設計時の建物の品質に影響しない変更です。一言で、「安全側の変更」です。構造関係は細かい規定が多いですが、耐力が減少しない、再計算が不要な変更と覚えておけば、概ね判断できます。但し、必ず、軽微な変更になるか審査機関への確認をしてくださいね。構造関係の軽微な変更は、下記の書籍が参考になります。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 軽微な変更とは?1分でわかる意味、計画変更との違い、構造、意匠の事例