1. HOME > 構造計算の基礎 > 極めて稀とは?1分でわかる意味、稀との違い、地震力の大きさ、震度との関係

極めて稀とは?1分でわかる意味、稀との違い、地震力の大きさ、震度との関係

極めて稀、稀とは、建築物に作用する外力の程度を意味します。極めて稀は、最大級の外力のレベルを意味し、稀は中程度の外力です。今回は極めて稀、稀の意味、違い、地震力の大きさ、震度との関係について説明します。なお、似た用語で、中地震、大地震があります。下記の記事が参考になります。

中地震とは?1分でわかる意味、震度との関係、大地震との違い

極めて稀、稀とは?

極めて稀、稀とは建築物に作用する外力の強さ(程度)を表す用語です。建築物の構造計算では、地震力に対しての安全性を検証します。


このとき、


稀に作用する地震

極めて稀に作用する地震


の2つの力を考慮します。極めて稀は、最大級の外力です。稀に作用する地震は、中程度の外力です。


なお、中程度の地震を中地震、最大級の地震を大地震といいます。中地震と大地震の詳細は、下記の記事が参考になります。

中地震とは?1分でわかる意味、震度との関係、大地震との違い

極めて稀、稀に発生する地震の違い

極めて稀な地震、稀な地震の違いを下記に整理しました。


極めて稀に発生する地震 ⇒ 500年に一度発生する地震

稀に発生する地震 ⇒ 50年に一度発生する地震


極めて稀に発生する地震は、500年に一度発生する地震です。具体的に地震の大きさは定義されませんが、東日本大震災や将来発生が考えられる「南海トラフ大地震」が、極めて稀に発生する地震に該当します。


一方、稀に発生する地震は50年に一度起きるものです。これも具体的な地震の規模は定義されませんが、震度6弱以下を目安にしてください(※あくまで目安です。震度は直接関係しません)。

極めて稀、稀に発生する地震と震度との関係

極めて稀、稀に発生する地震は、前述したように発生頻度により定義されます。よって、直接震度と関係しません。ただ、50年に一度起きる地震よりも、500年に一度起きる地震のほうが大きいです。震度との目安を下記に整理しました。


極めて稀に発生する地震の震度 ⇒ 震度6強、7(但し、震度7は上限がないので定義が難しい)

稀に発生する地震の震度 ⇒ 震度6弱以下


上記は、あくまで目安です。震度と「極めて稀に発生する地震」、「稀に発生する地震」は、直接関係しないことを覚えてくださいね。

まとめ

今回は極めて稀、稀に発生する地震について説明しました。意味が理解頂けたと思います。極めて稀、稀は外力の程度(レベル)を意味する用語です。建築物に作用する地震力との関係を覚えてくださいね。また、大地震、中地震の意味も併せて理解しましょう。下記の記事が参考になります。

中地震とは?1分でわかる意味、震度との関係、大地震との違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 極めて稀とは?1分でわかる意味、稀との違い、地震力の大きさ、震度との関係