1. HOME > 構造計算の基礎 > 積雪後の降雨を考慮した積雪荷重の計算方法

積雪後の降雨を考慮した積雪荷重の計算方法

積雪荷重の設定が変わろうとしています。施行は平成31年の1月です。内容は、多雪区域以外の区域(つまり一般区域)で、積雪後の降雨を考慮した積雪荷重の設定です。今回は、その計算方法を説明し、作成したエクセルファイルを添付しようと思います。

なぜ、降雨を考慮した積雪荷重を考慮するのか?

国土交通省の報告によると、積雪後の降雨により屋根の崩落が多発したそうです。屋根に雪が積もると、雨が流れにくくなります。雪が「受け皿」のような役割をして、雨を溜めるわけです。


積雪した上に、雨が溜まった分の荷重を考慮する必要があります。また、本告示では下記の条件に該当する屋根は、今回の割り増しを考慮します。詳しい規定は国土交通省HPをご覧ください。

1〜4の項目は、崩落した屋根に共通した条件です。こういった建物は案外多いように感じます。特に、避難施設にもなりうる体育館では注意したいですね。

降雨を考慮した積雪荷重の計算

降雨を考慮した積雪荷重は、割増し係数を通常の積雪荷重にかけることで反映します。下式をみてください。

αは割増し係数、drは告示で示される数値、μbは屋根形状係数、dは垂直積雪量です。簡単な計算式なので、改めて説明するよりも使い慣れた方が良いでしょう。


実際に、割増し係数が計算できるエクセルファイルをつくりました。下記のリンクから、ご自由にダウンロードください(フリーファイルです。もちろん自己責任でご活用ください。苦情は一切なしでお願いいたします)。

エクセルファイルの使い方

使い方は簡単です。下記の画面があるので、そこに必要な条件を入力するだけ。

降雨後の積雪荷重の求め方


降雨を考慮した積雪荷重

まとめ

今回は、降雨後の積雪荷重の計算方法について説明しました。エクセルファイルも是非ご活用ください。


詳細は国土交通省のHPが(プレス用の資料)分かりやすかったです。積雪荷重については下記の記事を参考にしてください。

雪荷重

垂直積雪量ってなに?垂直積雪量の意味と計算方法


以上、今回の記事が参考になれば幸いです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 積雪後の降雨を考慮した積雪荷重の計算方法