1. HOME > 構造計算の基礎 > 応力の単位換算は?1分でわかる方法、n/mu、n/u、n/cu、kgf/mu、ヤング率との関係
スポンサーリンク

応力の単位換算は?1分でわかる方法、n/mu、n/u、n/cu、kgf/mu、ヤング率との関係

応力の単位換算の方法を覚えると、色々な単位に対応できます。特に、工学単位系を用いている昔の規準書を読むことが可能です。最近は少なくなりましたが、工学単位系を使った資料もあります。是非、応力の単位換算の方法を覚えましょう。今回は、応力の単位換算と方法、n/mu、n/u、n/cu、kgf/mu、ヤング率との関係について説明します。応力、応力度の意味、SI単位系と工学単位系の単位換算は、下記が参考になります。

応力とは?1分でわかる意味と種類、記号、計算法

応力度の基礎知識、応力度の種類と1分でわかる応力との違い

knからkgの換算法は?1分でわかる換算、単位変換、knとkgfの関係

応力の単位換算は?

応力の単位換算を自分のものにするためには、応力や応力度の単位を知ることです。また、組立単位系が多いので、桁間違いに注意しましょう。応力、応力度の単位換算の例を、下記に示します。


1n/mu ⇒ 1000000n/u

1n/mu ⇒ 100n/cu

1kgf/mu ⇒ 10n/mu

1kN ⇒ 1000N

1kgf ⇒ 0.01kN

1Pa ⇒ 1N/u

1Mpa ⇒ 1N/mu


応力の意味、応力の単位は、下記が参考になります。

応力とは?1分でわかる意味と種類、記号、計算法

応力の単位は?1分でわかる換算、種類、読み方、n、mpa、n/m の使い方


単位換算は、上記以外のパターンもあります。けっして難しく考えないでください。単位換算でややこしいのは、「n/mu」のような組立単位系の時です。ただ、基本単位系を理解すれば、組立単位系の単位換算もできるでしょう。


例えば、


1N ⇒ 0.001kN

1cm ⇒ 10mm


です。上記を理解すれば、


N/muからkN/cuへの単位換算もできますね。


1 N/mu ⇒ 1 N/mu×0.001÷(1/10×1/10)=0.1 kN/cu


です。なお、建築の構造力学では「応力」と「応力度」の用語は、明確に分かれています。上記のように、平米当たりの応力を、応力度といいます。応力度の意味は、下記が参考になります。

応力度の基礎知識、応力度の種類と1分でわかる応力との違い

ヤング率の単位換算

ヤング率の単位はN/muです。MPa(パスカル)で表すこともあります。MpaとN/muとの関係は下記です。


1Mpa ⇒ 1N/mu


ヤング率の意味は下記が参考になります。

ヤング係数(ヤング率)ってなに?1分でわかるたった1つのポイント

まとめ

今回は応力の単位換算について説明しました。理解頂けたと思います。応力の単位換算と方法を学ぶには、応力、応力度の単位を知ることです。応力、応力度の意味、応力の単位は下記が参考になります。

応力とは?1分でわかる意味と種類、記号、計算法

応力度の基礎知識、応力度の種類と1分でわかる応力との違い

応力の単位は?1分でわかる換算、種類、読み方、n、mpa、n/m の使い方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 応力の単位換算は?1分でわかる方法、n/mu、n/u、n/cu、kgf/mu、ヤング率との関係