1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のピットとは?1分でわかる意味、役割、必要性、構造、高さ

建築のピットとは?1分でわかる意味、役割、必要性、構造、高さ

建築のピットは、地下に設けた配管を通すための空間です。地下ピットともいいます。ピットをつくることで、1階の給排水用配管を通し、配管の維持管理が容易になります。今回は建築のピットの意味、役割と必要性、構造と高さについて説明します。なお、ピットをつくるとき二重スラブにします。二重スラブについては下記の記事が参考になります。

二重スラブとは?1分でわかる意味、読み方、基礎、水槽、ピット

建築のピットとは?

建築のピットとは、地下に設けた配管を通すための空間です。下図がピットです。

ピット

例えばトイレは、排水する配管と給水(手洗い)する配管があります。これらの配管を、ピット空間に通すことで、維持管理が簡単になります。


ピットは絶対に必要なものではないです。配管を土中に埋める方法もあります。ただ、ピットをつくらないので、費用は安いですが土中に埋めたメンテナンスが難しいです。メンテする場合、一度土を掘り返します。また、土中に埋めた配管は地震や、建設工事の影響で破壊される恐れもあります。

ピットの役割と必要性

ピットの役割は、沢山の配管を地下に設けた空間に通すことで、メンテナンスを簡単にすることです。


私が設計した建物でいうと、大規模なトイレ施設など、沢山の配管を必要とする施設はピットが計画されました。給食センターなど、毎日調理をする場所(給排水が必須)ではピットが必要ですね。


明らかにピットが必要な用途でない場合は、お客様に「ピットを設けた場合」「ピット無しの場合」で、費用対効果やメリット・デメリットを説明します(前述した維持管理など)。

ピットの構造と高さ

ピットは、1階のスラブ下にスラブあるいは土間コンクリートを設けてつくります。下図がピットです。

ピット

ピットの床は、土に接するので耐久性の高い鉄筋コンクリート造とします。ただし、スラブまたは土間コンクリートにするかは建物ごとの判断が必要です。


例えば、水も無く良好な地盤の場合(沈下の恐れがない)、ピットの床は土間コンクリートでも良いでしょう。


逆に、浅い位置で水がでて、地盤の強度が低い場合はスラブにした方が安心です。スラブにすれば、地盤が沈下しても、スラブ自体が荷重を支えるからです。※スラブについては下記の記事が参考になります。

スラブとは?現役設計者が教える意味、特徴、役割、屋根スラブ、土間


ピットの高さは、メンテナンスに必要な寸法、配管を通すために必要な寸法から決定します。ピット内を人が通るようにしたい場合、「人通孔」が必要です。人通孔は直径600mmが最低限必要で、地中梁のスリーブ径は、梁せいの1/3が限度です。よって、人通孔を設ける地中梁せいは1800mmとします。人通孔を設けるか否かで、ピット高さが変わります。


スリーブ径と梁せいの関係は下記の記事が参考になります。

スリーブってなに?梁のスリーブ位置や間隔、孔径、スリーブ補強

まとめ

今回は建築のピットについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。建築のピットは、地下に設けた配管を通すため空間です。ピットが必要な理由を理解してくださいね。またピットの構造や、高さ、スリーブとの関係も併せて覚えてください。下記の記事も参考になりますよ。

二重スラブとは?1分でわかる意味、読み方、基礎、水槽、ピット

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のピットとは?1分でわかる意味、役割、必要性、構造、高さ