1. HOME > 鋼構造の基礎 > 配管とダクトの比重

配管とダクトの比重

今回は配管とダクトの比重を紹介します。


配管の比重

材料名 単位重量(N/m)
配管 ガス管 呼び径 外径(mm) 空配管 満水管
50 61 50 80
100 114 120 200
200 216 290 620
300 319 520 1240
圧力配管用 炭素鋼鋼管 50 61 50 80
100 114 160 240
200 216 410 730
300 319 770 1450

ダクトの比重

材料名 寸法 mm×mm 板厚(mm) 単位重量(N/m)
保湿無 保湿有
ダクト 角ダクト 450×300 0.5 90 100
750×500 0.6 180 200
1500×800 0.8 370 420
2200×1000 1.2 880 940
スパイラルダクト 150φ 0.5 20 30
200φ 0.5 30 40
250φ 0.5 40 50
300φ 0.5 50 60

スポンサーリンク
 

配管やダクト重量の考え方

配管やダクト重量は、仮定荷重の段階で平米荷重として考慮します。配管、ダクトは現場によって調整することが多く、どの位置にきても良いような荷重として考慮すべきです。そのため、あらかじめ床又は屋根荷重の1つとしてダクト重量は見込んでいます。


計算方法ですが、例えば前述したダクト又は配管の単位長さ当たりの重量を、実際の長さを掛けた値で算定します。そのダクト重量を、ダクトを設ける範囲の面積で除した値を、ダクトの平米荷重とします。


まとめ

今回は、配管やダクト重量について紹介しました。いずれも単位長さ当たりの荷重として算出していますが、実務では平米荷重として用いています。実状の使い方に注意しましょう。また、下記の記事も併せて参考にしてください。


参考文献

下記の文献も参考になります。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 配管とダクトの比重