1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 努力義務とは?1分でわかる意味、望ましい、義務との違い、違反
スポンサーリンク

努力義務とは?1分でわかる意味、望ましい、義務との違い、違反

努力義務とは、「努めなければならない」「好ましい」または「望ましい」と語尾に表現される規定です。法律で度々使用されます。建築基準法でも、努力義務の規定は多いです。今回は、努力義務の意味、望ましいの意味、義務との違い、努力義務と違反の関係について説明します。


※建築基準法は下記の記事が参考になります。

建築で使う法律とは?1分でわかる種類、建築基準法、施行令、規則との関係

努力義務とは?

努力義務は、「努めなければならない」「望ましい」または「好ましい」と表現される規定です。


努力義務は、それを怠ったとしても罰則されません。また、「どの程度、努力するのか」は、当人の裁量に任されます。


建築基準法を読むと、よく「〜するよう努めなければならない」と書いてあります。この表現は、規定そのものが義務ではなく、規定に対して「努力することが義務」です。


例えば、耐震改修促進法では


特定既存耐震不適格建築物の所有者は、耐震診断を行い、その結果、地震に対する安全性の向上を図る必要があると認められるときは、耐震改修を行うよう「努めなければならない」


と書いてあります。


上記は、努力義務であって義務では無いです。特定既存耐震不適格建築物に該当しても、耐震改修しない建物があっても罰則されません。例えば、民間の共同住宅の中には、旧耐震基準設計も多いと思います(不動産屋さんへ行くと、他に比べて賃料が安い建物がありますよね)。

努力義務と義務の違い

努力義務と義務の違いを下記に整理しました。


努力義務 ⇒ 規定に対する「努力」をする義務があること。規定を守れなくても罰則されない。どの程度、努力するかは本人の裁量(判断)に委ねられている

義務 ⇒ 規定に対して、しなければならないこと。してはならないこと。

努力義務と「望ましい」の関係

努力義務の「努めなければならない」と「望ましい」は、同じ意味と考えてください。望ましいは、義務では無いです。


さて、構造関係技術基準解説書(以下、黄色本)には、「望ましい」という表現が沢山使われています。※黄色本は、下記の記事が参考になります。


構造の黄色本とは?1分でわかる意味、建築基準法との関係


「〜することが望ましい」ので、義務では無いです。ただし、構造設計の実務では、少しでも安全に設計するような意識が働きます。


「望ましい」という規定でも、義務のように遵守する構造設計者が多いでしょう。

努力義務と「違反」の関係

努力義務は、努力することが義務です。前述したように、努力義務の規定を違反しても、罰則は無いです。

まとめ

今回は努力義務について説明しました。意味が理解頂けたと思います。努力義務は、「〜するよう努めなければならない」という規定です。努力義務の規定を守れなくても、罰則されません。また、努力の程度は本人の裁量にゆだねられます。建築基準法や黄色本にも多くみられる表現です。下記の記事も併せて参考にしてください。

建築で使う法律とは?1分でわかる種類、建築基準法、施行令、規則との関係

構造の黄色本とは?1分でわかる意味、建築基準法との関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 努力義務とは?1分でわかる意味、望ましい、義務との違い、違反