1. HOME > > 難燃材料とは?1分でわかる意味、不燃材料、準不燃材料との違い、種類、読み方、告示

難燃材料とは?1分でわかる意味、不燃材料、準不燃材料との違い、種類、読み方、告示

難燃材料とは、通常の火災による火熱が加えられた場合、加熱開始後5分間、所定の性能を満たすもの(5分間、火熱に耐える)です。今回は難燃材料の意味、不燃材料、準不燃材料との違い、難燃材料と告示の関係などについて説明します。


不燃材料の意味は、下記の記事が参考になります。

不燃とは?1分でわかる意味、不燃性能、不燃と準不燃、難燃の違い

難燃材料とは?

難燃材料とは、加熱して5分間は、「燃焼など」に耐える材料のことです。建築基準法施行令1条六号に規定されます。似た用語で、準不燃材料、不燃材料があります。3つの中で、最も火熱に耐えられる時間が短いです。※不燃材料の意味は、下記の記事が参考になります。

不燃とは?1分でわかる意味、不燃性能、不燃と準不燃、難燃の違い


難燃材料より準不燃材料、準不燃材料より不燃材料の方が、より上位の材料と覚えてくださいね。


「燃焼などに耐える」とは、具体的には下記です。


・燃焼しない

・防火上有害な変形、溶融、き裂その他の損傷を生じない

・避難上有害な煙またはガスを発生しない

難燃材料の読み方

難燃材料は、「なんねんんざいりょう」と読みます。その他、関係する用語の読み方を下記に示します。


不燃材料 ⇒ ふねんざいりょう

準不燃材料 ⇒ じゅんふねんざいりょう

難燃材料と不燃材料、準不燃材料の違い

難燃材料と不燃材料、準不燃材料の違いは下記です。


難燃材料 ⇒ 5分間、燃焼など生じないこと

準不燃材料 ⇒ 10分間、燃焼など生じないこと

不燃材料 ⇒ 20分間、燃焼など生じないこと


難燃材料が、最もグレードの低い材料でが、不燃材料が最もグレードが高いです。よって、不燃材料は20分間も燃焼などに耐えます。※不燃材料の意味、特徴は下記の記事が参考になります。

不燃とは?1分でわかる意味、不燃性能、不燃と準不燃、難燃の違い


要するに、燃焼などに耐える時間の長さが違うと覚えてくださいね。

難燃材料の種類

難燃材料は、告示により下記の種類があります。


・準不燃材料のうち通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後10分間令108条の2各号に掲げる要件を満たしたもの

・難燃合板で厚さが5.5mm以上のもの

・厚さが7mm以上のせっこうボード(ボード用原紙の厚さが0.5mm以下のものに限る)

難燃材料と告示の関係

難燃材料の定義は、告示第1402号に規定されます(具体的な内容は上記に示しました)。

まとめ

今回は難燃材料について説明しました。意味が理解頂けたと思います。難燃材料は、火熱が加えられた際、5分間は燃焼などしない材料のことです。難燃材料に求められる性能を理解しましょう。不燃材料の意味も、併せて勉強してくださいね。

不燃とは?1分でわかる意味、不燃性能、不燃と準不燃、難燃の違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 難燃材料とは?1分でわかる意味、不燃材料、準不燃材料との違い、種類、読み方、告示