1. HOME > 鋼構造の基礎 > 上降伏点とは?1分でわかる意味、読み方、下降伏点の読み方、違い、単位

上降伏点とは?1分でわかる意味、読み方、下降伏点の読み方、違い、単位

上降伏点とは、鋼材が降伏した時点での応力度です。単に、降伏点といいます。また、降伏棚の範囲で最も小さな応力度を下降伏点といいます。今回は、上降伏点の意味、読み方、下降伏点との違い、降伏点の単位について説明します。


※鋼材の引張試験、降伏点の意味は、下記の記事が参考になります。

応力ひずみ線図とは?1分でわかる意味、ヤング率と傾き、考察、書き方

降伏点とは?1分でわかる意味、求め方、SS400の値、単位、引張強さ

上降伏点とは?

上降伏点とは、鋼材が降伏した時点での応力度です。下図を見てください。これは鋼材を引張試験したときの、応力歪関係図です(縦軸が応力度、横軸にひずみの値をプロットしたグラフ)。

上降伏点

初めは線形的に応力度が増加し、ある点で低下しています。低下した時点の応力度が、上降伏点です。単に、降伏点といいます。


※応力ひずみ関係図、降伏点、ひずみの意味は、下記の記事が参考になります。

応力ひずみ線図とは?1分でわかる意味、ヤング率と傾き、考察、書き方

降伏点とは?1分でわかる意味、求め方、SS400の値、単位、引張強さ

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力

上降伏点、下降伏点の読み方

上降伏点と下降伏点、関係する用語の読み方は、下記です。


上降伏点 ⇒ うえこうふくてん

下降伏点 ⇒ したこうふくてん

降伏強度 ⇒ こうふくきょうど

引張強度 ⇒ ひっぱりきょうど

破断強度 ⇒ はだんきょうど

歪 ⇒ ひずみ


※引張強度、破断強度の意味は、下記の記事が参考になります。

引張強さとは?1分でわかる意味、計算法、単位、降伏点、読み方、記号

破断ってなに?破断強度、引張強度の違い

上降伏点と下降伏点の違い

下図をみてください。引張試験を行う鋼材の、応力ひずみ線図です。鋼材はある時点のひずみ度を境に、応力度が低下します。低下した時点の応力度が、上降伏点です。単に降伏点ともいいます。


応力度が低下した後、低下した応力度を維持しつつ、ひずみが増加します。この範囲を降伏棚といいます。降伏棚の範囲で最も小さな応力度を、下降伏点といいます。

上降伏点と下降伏点の違い

降伏点の単位

降伏点の単位は、N/mm2です。これは応力度や引張強度の単位と同じですね。※降伏点、引張強さの意味は、下記の記事が参考になります。

降伏点とは?1分でわかる意味、求め方、SS400の値、単位、引張強さ

引張強さとは?1分でわかる意味、計算法、単位、降伏点、読み方、記号

まとめ

今回は上降伏点について説明しました。意味が理解頂けたと思います。上降伏点は、鋼材が降伏した時点での応力度です。鋼材を引張試験したときの、応力ひずみ関係図をイメージしながら覚えてくださいね。また、下降伏点との違い、引張強度、歪の意味など、併せて勉強しましょう。

応力ひずみ線図とは?1分でわかる意味、ヤング率と傾き、考察、書き方

引張強さとは?1分でわかる意味、計算法、単位、降伏点、読み方、記号

ひずみとは?1分でわかる意味、公式、単位、計算法、測定法、応力


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 上降伏点とは?1分でわかる意味、読み方、下降伏点の読み方、違い、単位