1. HOME > 鋼構造の基礎 > 共回りとは?1分でわかる意味、軸回りとの違い、原因、マーキング標準ボルト張力とは?1分でわかる意味、規格、f8tの値、設計ボルト張力との違い

標準ボルト張力とは?1分でわかる意味、規格、f8tの値、設計ボルト張力との違い

標準ボルト張力とは、高力ボルトの締め付けによる導入張力と考えてください。高力ボルトを締め付けるとき、標準ボルト張力を目標として導入張力を設定します。標準ボルト張力は、設計ボルト張力を1.1倍した値です。今回は、標準ボルト張力の意味、規格、f8tの値、設計ボルト張力との違いについて説明します


※設計ボルト張力は、下記の記事が参考になります。

設計ボルト張力とは?1分でわかる意味、計算、標準ボルト張力、高力ボルトの関係

標準ボルト張力とは?

標準ボルト張力とは、

した値です。


高力ボルト接合は、高力ボルトに張力を導入し、接合面の摩擦力で抵抗します。これを摩擦接合といいます。摩擦接合は安定した接合部ですが、所定の張力が必要です。導入した張力が、せん断耐力、引張耐力に影響するので、安定して張力を導入すべきです。※摩擦接合は、下記の記事が参考になります。

摩擦接合と支圧接合の違い


設計ボルト張力は、接合部のせん断耐力、引張耐力の規準となる値です。この張力を確保するため、設計ボルト張力を1.1倍した値を導入張力とします。これが標準ボルト張力です。


※設計ボルト張力は、下記の記事が参考になります。

設計ボルト張力とは?1分でわかる意味、計算、標準ボルト張力、高力ボルトの関係

標準ボルト張力の規格

標準ボルト張力はf10tとf8tで値が変わります(f8tの方が小さい値)。標準ボルト張力とボルトの呼び径の規格を整理しました。

F10tの値

F10tの各呼び径に応じた、標準ボルト張力は下記です。

f10tの標準ボルト張力

設計ボルト張力を1.1倍すると、標準ボルト張力になるとわかりますね。

F8tの値

F8tの各呼び径に応じた、標準ボルト張力は下記です。

f8tの標準ボルト張力

標準ボルト張力と設計ボルト張力の違い

標準ボルト張力と設計ボルト張力の違いを下記に整理しました。


標準ボルト張力 ⇒ 実際の導入張力が、設計ボルト張力を満足するよう、設計ボルト張力を1.1倍した値

設計ボルト張力 ⇒ 高力ボルトの設計せん断耐力、許容引張耐力などの基準となる値


設計ボルト張力の詳細は、下記の記事が参考になります。

設計ボルト張力とは?1分でわかる意味、計算、標準ボルト張力、高力ボルトの関係

まとめ

今回は、標準ボルト張力について説明しました。意味が理解頂けたと思います。標準ボルト張力は、高力ボルトの締め付けによる導入張力です。標準ボルト張力を目標に、ボルトをしつけます。また、F10tとf8tで標準ボルト張力の値は違うと考えてください。標準ボルト張力と設計ボルト張力の関係も覚えてくださいね。下記の記事が参考になります。

設計ボルト張力とは?1分でわかる意味、計算、標準ボルト張力、高力ボルトの関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 標準ボルト張力とは?1分でわかる意味、規格、f8tの値、設計ボルト張力との違い