1. HOME > 構造計算の基礎 > 転倒とは?1分でわかる意味、横転、転倒の検討方法

転倒とは?1分でわかる意味、横転、転倒の検討方法

転倒とは、物や構造物が倒れることです。構造物は、地震や台風により水平方向から力が作用します。この力に耐えきれず、倒れることを「転倒する」といいます。構造物が転倒するか否かは、計算により確認できます。今回は、転倒の意味、横転、転倒の検討方法について説明します。※転倒の検討は、転倒モーメントが関係します。下記の記事も併せて参考にしてください。

転倒モーメントとは?1分でわかる計算、重心の関係、アンカーの算定

建物の転倒

転倒とは?

転倒とは、物や構造物が倒れることです。下図をみてください。構造物は、地震や台風により水平方向(いわゆる横方向)に力が作用します。この力に耐えきれず、倒れることを「転倒」といいます。建物の構造計算では、建物が転倒しないよう設計します。

転倒と構造物の関係

下図をみてください。横幅の広い建物、狭い建物があります。どちらの建物が転倒しそうでしょうか。当然、横幅の狭い建物ですね。横方向の力に対して、幅の狭い物や構造物は転倒しやすいです。

転倒と横幅

スカイツリーや東京タワーを思い出してください。転倒しないよう、下側(1階)は広がっています。


次は、物や構造物の高さを比較します。どちらが転倒しそうでしょうか。

転倒と高さの違う建物

答えは、高さの大きな建物が転倒しやすいです。上記より、転倒は下記の特徴があります。


・横方向の力に対して、幅の狭い構造物の方が転倒しやすい

・高さが大きな構造物の方が、転倒しやすい

横転とは?

転倒と似た用語に、横転があります。横転とは、「横に転ぶ」という意味です。転倒と似た意味ですが、建築の実務では「転倒」が一般的です。

転倒の検討方法

構造物の転倒の検討は、


・転倒モーメント

・偶力

・反力


の関係でわかります。詳細な検討方法は、下記の記事が参考になります。

建物の転倒

転倒モーメントとは?1分でわかる計算、重心の関係、アンカーの算定


構造物に横方向の力が作用すると、「モーメント」という、物を回転させる力が生じます。これを転倒モーメントといいます。転倒モーメントが作用すると、構造物が浮き上がる力が生じます。浮き上がる力に対して、抑える力が大きければ転倒しません。


浮き上がる力 < 抑える力 ⇒ 転倒しない

浮き上がる力 > 抑える力 ⇒ 転倒する


浮き上がりを抑える力が、「構造物」や物の重量です。ですから、重い物や構造物の方が、転倒しにくいです。逆に、軽いものは転倒しやすいです。※力のモーメント、支点反力など併せて参考にしてください。

力のモーメントってなに?本当にわかるモーメントの意味と計算方法

反力ってなに?反力の求め方と支点反力

転倒モーメントとは?1分でわかる計算、重心の関係、アンカーの算定

まとめ

今回は、転倒について説明しました。意味が理解頂けたと思います。転倒は、物や構造物が横に倒れることです。構造物は、地震や台風で転倒しないよう設計されています。まずは転倒の意味を理解しましょう。実際に転倒の検討をする場合、下記の記事が参考になります。

転倒モーメントとは?1分でわかる計算、重心の関係、アンカーの算定

力のモーメントってなに?本当にわかるモーメントの意味と計算方法

反力ってなに?反力の求め方と支点反力


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 転倒とは?1分でわかる意味、横転、転倒の検討方法