1. HOME > 構造計算の基礎 >圧縮縁応力とは?1分でわかる意味、読み方、縁応力度の計算、断面係数との関係
スポンサーリンク

圧縮縁応力とは?1分でわかる意味、読み方、縁応力度の計算、断面係数との関係

圧縮縁応力とは、部材の断面が圧縮される側に生じる縁応力です。縁応力は部材断面の端部(上端、下端)に生じる応力です。今回は、圧縮縁応力の意味、読み方、縁応力度の計算と断面係数との関係について説明します。断面係数、縁応力の意味は、下記も参考になります。

断面係数とは

最外縁とは?1分でわかる意味、読み方、最外縁応力度、最大曲げ応力度との関係

圧縮縁応力とは?

圧縮縁応力とは、部材断面が圧縮される側に生じる縁応力です。下図をみてください。これが圧縮縁応力です。


圧縮縁応力


縁応力とは、部材断面の端部に生じる応力です。上端、下端を「縁」ともいいます。上図のように、曲げモーメントが生じる部材は「縁応力」が最大となります。


構造計算では、後述する縁応力度を算定し、許容応力度以下であることを確認します。縁応力の意味は、下記も参考になります。

最外縁とは?1分でわかる意味、読み方、最外縁応力度、最大曲げ応力度との関係

圧縮縁応力の読み方

圧縮縁応力は「あっしゅくふちおうりょく」と読みます。関係用語の読み方を下記に示します。


縁応力度 ⇒ ふちおうりょくど

圧縮鉄筋 ⇒ あっしゅくてっきん

圧縮力 ⇒ あっしゅくりょく

縁応力度の計算と断面係数の関係

縁応力度は下式で計算します。


σ=M/Z


σは縁応力度、Mは曲げモーメント、Zは断面係数です。単位はN/muが一般的です。下図のように、梁に集中荷重が作用するとき上側が圧縮、下側が引張です。


縁応力度の計算


上側の縁応力度が、圧縮縁応力度です。また引張側の値を正、圧縮側の値を負の符号を用いる場合もあります。


また作用荷重の方向、部材の支持条件などにより、必ずしも上側が圧縮縁応力になるとは限りません。


曲げモーメント、断面係数の意味は下記が参考になります。

曲げ応力とは?1分でわかる意味、公式と演習問題、単位、曲げ応力度との違い

断面係数とは

まとめ

今回は圧縮縁応力について説明しました。意味が理解頂けたと思います。圧縮縁応力は、部材断面の圧縮側に作用する応力です。構造計算では、縁応力度を算定し許容応力度以下になることを確認します。よって縁応力度の求め方は必ず覚えましょう。下記も参考にしてくださいね。

断面係数とは

最外縁とは?1分でわかる意味、読み方、最外縁応力度、最大曲げ応力度との関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 圧縮縁応力とは?1分でわかる意味、読み方、縁応力度の計算、断面係数との関係