1. HOME > 構造計算の基礎 > リラクセーションと材料の関係は?1分でわかる意味、鋼材、コンクリートの関係

リラクセーションと材料の関係は?1分でわかる意味、鋼材、コンクリートの関係

リラクセーションとは、時間と共に導入した力が抜ける現象です。ボルトに導入した軸力や、PC鋼材に導入した張力はリラクセーションに注意します。今回はリラクセーションと材料の関係、意味、鋼材、コンクリートの関係について説明します。


似た用語に、クリープや変形増大係数があります。下記の記事も参考になります。

コンクリートのクリープってなに?その原因と、変形増大係数の関係

変形増大係数とは?1分でわかる意味、木造、コンクリート、鉄骨の値

リラクセーションと材料の関係は?

リラクセーションとは、時間と共に導入した力が抜けることです。例えば、下記の現象があります。


高力ボルト ⇒ リラクセーションにより、高力ボルトに導入した軸力が抜ける。ボルトが緩む。

PC鋼材 ⇒ リラクセーションにより、PC鋼材に導入した張力が抜ける。PCに所定の圧縮力が入らない。


リラクセーションは、時間の経過と共に力が抜けるので、それを見越した設計が必要です。

リラクセーションと鋼材の関係

鋼材を高力ボルトで締めるとき、リラクセーションの影響は少ないです。鋼材はクリープが起きにくい材料だからです。建築物の構造設計では、クリープの影響は「変形増大係数」という形で考慮されます。詳細は、下記の記事が参考になります。

変形増大係数とは?1分でわかる意味、木造、コンクリート、鉄骨の値

リラクセーションとコンクリートの関係

コンクリートに高力ボルトを締める時、リラクセーションの影響があります。コンクリートはクリープを起こし、時間と共に変形が増大する影響で、導入力が抜けるからです。


なお、高力ボルトの導入軸力はリラクセーションや、施工誤差を考慮して1割増しの値とします。これを標準ボルト張力といいます。1割増しする前の張力は、設計ボルト張力です。標準ボルト張力、設計ボルト張力の意味は、下記の記事が参考になります。

標準ボルト張力とは?1分でわかる意味、規格、f8tの値、設計ボルト張力

設計ボルト張力とは?1分でわかる意味、計算、標準ボルト張力、高力


コンクリートはクリープが起きやすい材料です。コンクリートのクリープは、下記の記事が参考になります。

コンクリートのクリープってなに?その原因と、変形増大係数の関係

まとめ

今回はリラクセーションについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。リラクセーションは、導入した力が抜ける現象です。高力ボルトの導入軸力や、PC鋼材の張力に注意します。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。コンクリートはクリープが起きやすい材料だという点も勉強しましょう。

コンクリートのクリープってなに?その原因と、変形増大係数の関係

プレテンション方式とは?1分でわかる意味、特徴、プレストレスの意味


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > リラクセーションと材料の関係は?1分でわかる意味、鋼材、コンクリートの関係