1. HOME > 構造計算の基礎 > 抵抗とは?1分でわかる意味、使い方、抵抗力
スポンサーリンク

抵抗とは?1分でわかる意味、使い方、抵抗力

抵抗とは、「負けないよう努めること」です。当サイトでは、「抵抗」という用語を良く使います。物体に外力が作用すると、物体内部には「応力(おうりょく)」が生じます。応力とは、外力に対して、「負けないよう努めている力」です。今回は、抵抗の意味、使い方、向き、抵抗力について説明します。※外力の意味、応力の意味は、下記の記事が参考になります。

外力のモデル、外力の種類とは?

応力とは?1分でわかる意味と種類、記号、計算法

抵抗とは?

抵抗とは、外からの力に対して

です。建築工学の「抵抗」は、主に物理的な「外からの力」を意味します。物体に外力を加えます。このとき、物体内部では、外力に負けないよう抵抗する力が生じています。これを応力といいます。※応力の詳細は、下記の記事が参考になります。

応力とは?1分でわかる意味と種類、記号、計算法


外力に対して、物体内部の抵抗する力が負けてしまうと、物体は壊れます。物体が抵抗する力には上限(限界)があるからです。


外力に対して、反力も「抵抗している」といえます。身近な例をだします。私たちが地面を歩くとき、足と地面に「引っ掛り」を感じますよね。その引っ掛かりがあるおかげで上手に歩けます。スキー場やスケート場では、床が滑らかで歩きにくいです。


これは摩擦力による抵抗の影響です。普通の地面は、摩擦による抵抗力が強いですが、スケート場では摩擦力が減少しています。外力に対して、摩擦力は抵抗することを覚えてください。※摩擦係数は、下記の記事が参考になります。

すべり係数とは?すべり係数と摩擦係数の違い、すべり耐力とすべり試験

抵抗の使い方

抵抗は下記のように使います。


・外力に対して、応力が抵抗する

・梁が、荷重に対して抵抗する


いずれの場合も、「負けないよう努める」と意味を置き換えれば通じますね。

抵抗と抵抗力

外力に対して抵抗する力を、応力や内力といいます。抵抗する力なので、「抵抗力」ともいえます。


物体に外力が作用して物体が動かないとき、物体には外力と反対向きの力が生じています。この力を反力といいます。反力が無ければ、物体は外力に抵抗できず、動いてしまいます。反力も「抵抗力」の1つといえます。


反力の意味は、下記の記事が参考になります。

反力ってなに?反力の求め方と支点反力

まとめ

今回は抵抗の意味について説明しました。意味が理解頂けたと思います。抵抗とは、負けないよう努めることです。建築では、物理的な力に対する意味です。外力、抵抗、応力との関係性を覚えてくださいね。また、抵抗の使い方、抵抗の向きも理解しましょう。下記の記事も併せて参考にしてください。

外力のモデル、外力の種類とは?

応力とは?1分でわかる意味と種類、記号、計算法


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 抵抗とは?1分でわかる意味、使い方、抵抗力