1. HOME > 構造力学の基礎 > 間接荷重とは?1分でわかる意味、解き方、ゲルバー梁との関係

間接荷重とは?1分でわかる意味、解き方、ゲルバー梁との関係

間接荷重(かんせつかじゅう)とは、部材に間接的に作用する荷重です。梁の上に梁が載る場合や、ゲルバー梁など間接荷重を考慮します。今回は間接荷重の意味、解き方、ゲルバー梁との関係について説明します。荷重、ゲルバー梁の意味は、下記が参考になります。

荷重と重量の違いは?1分でわかる違い、質量、重力加速度の関係

ゲルバー梁とは?1分でわかる意味、解き方、利点と単純梁との違い

間接荷重とは?

間接荷重(かんせつかじゅう)とは、部材に間接的に作用する荷重です。下図をみてください。これが間接荷重です。

間接荷重

梁の上に梁が載っています。下部の梁に荷重は作用せず、上部の梁に集中荷重が作用しています。ただし、上部梁に生じる支点反力は、下部梁に「荷重」として作用しますね。これが間接荷重です。

間接荷重の解き方

下図をみてください。梁の上に梁が載っている構造です。間接荷重と下部梁の反力を求めましょう。

間接荷重の解き方

まず、荷重が作用する上部梁の反力を計算します。Pは梁の中央に作用するので反力は、


R=P/2


です。次に、下部梁に作用する間接荷重と反力を求めます。上部梁の反力が、下部梁に作用します。これが間接荷重です。よって、


P2=P/2


です。A点の反力は、


R=P2/2=P/4


です。B点は、上部梁の間接荷重がそのまま支点に作用します。よって反力は、


R=P/2+P/4=3P/4


です。反力の意味、求め方は下記が参考になります。

反力ってなに?反力の求め方と支点反力

梁の反力と、演習問題から学ぶ計算方法

間接荷重とゲルバー梁の関係

ゲルバー梁も、考え方によっては間接荷重が作用します。下図をみてください。梁中間にヒンジがあります。

ゲルバー梁

ゲルバー梁を解くとき、ヒンジを起点に1つの静定構造に分けます。下図をみてください。ヒンジ部には、単純梁反力が間接荷重として作用するよう計算します。

間接荷重とゲルバー梁

ゲルバー梁の詳細、解き方は下記が参考になります。

ゲルバー梁とは?1分でわかる意味、解き方、利点と単純梁との違い

まとめ

今回は間接荷重について説明しました。意味が理解頂けたと思います。間接荷重は、部材に間接的に作用する荷重です。例えば、梁の上に乗った梁では、下部梁に間接荷重が作用します。間接荷重の求め方を理解しましょう。さらにゲルバー梁の解き方を勉強しましょうね。下記も併せて参考にしてください。

ゲルバー梁とは?1分でわかる意味、解き方、利点と単純梁との違い


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

あなたにおすすめの記事

更新情報

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 間接荷重とは?1分でわかる意味、解き方、ゲルバー梁との関係