1. HOME > 構造計算の基礎 > 地震地域係数とは?1分でわかる意味、一覧、沖縄、東京都、名古屋、静岡の値
スポンサーリンク

地震地域係数とは?1分でわかる意味、一覧、沖縄、東京都、名古屋、静岡の値

地震地域係数とは、地域ごとに設定される係数で、地震力の算定に用います。地震地域係数は0.7、0.8、0.9、1.0の値があります。簡単にいうと、地震の発生する可能性が低い地域は、地震地域係数を小さくできます。今回は、地震地域係数の意味、一覧、沖縄、東京都、名古屋、静岡の値について説明します。※今回の記事は、地震力の算定法を勉強するとスムーズに理解できます。下記の記事が参考になります。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味

地震地域係数とは?

地震地域係数は、地域ごとに設定される係数の1つで、地震力の算定に必要です。地震地域係数は、建設告示1793号に規定されます。※地震力の算定は、下記の記事が参考になります。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味


地震地域係数を簡単にいうと、「地震の起きやすい地域、起きにくい地域」に応じて、地震力を低減できる係数です。例えば、沖縄県の地震地域係数は「0.7」です。一般的な地域に比べて、地震力を「0.7倍」できます。


地震地域係数は、過去の地震記録等を元に、統計的な処理、工学的判断を加えて定めています。地震が起きにくい地域ほど、地震地域係数は小さい値です。地震が起きやすい地域(一般的な地域)の地震地域係数は、1.0です。


地震地域係数は、各地域に応じて下記の値を使います。


0.7

0.8

0.9

1.0

地震地域係数の一覧

地震地域係数の値は0.7、0.8、0.9、1.0があります。各地域に応じて、地震地域係数が規定されます。各地域の地震地域係数を一覧で示します。

地震地域係数0.9の地域

地震地域係数が0.9の地域を下図に示します。

地震地域係数0.9の一覧

上記のように、北海道、中国地方、四国地方などが該当します。

地震地域係数0.8の地域

地震地域係数0.8の地域を下図に示します。

地震地域係数0.8の一覧

九州地方でも、地震地域係数の低減がありますね。

地震地域係数0.7の地域

地震地域係数0.7の地域を下図に示します。

地震地域係数0.7の一覧

沖縄が、最も地震地域係数の値が小さいですね。

沖縄県の地震地域係数

沖縄県の地震地域係数は、


0.7


です。地震力を3割も低減できます。ただ、地震力を低減しすぎることは注意が必要です。

東京都、名古屋市、静岡の地震地域係数

東京都、名古屋市、静岡の地震地域係数は、


1.0


です。地震が起きやすい地域のため、地震地域係数による低減は無いです。

福岡と岡山の地震地域係数

福岡県で0.8、岡山県で0.9の地震地域係数です。ただ、同様に0.8の熊本県で、2016年に大地震が起きました。


地震地域係数が小さいからといって、大きな地震が起きないわけでは無い(大地震の可能性もある)ことを覚えてくださいね。


2016年の熊本地震をきっかけに、前述した地震地域係数は、今後見直しの可能性もあるでしょう。

まとめ

今回は、地震地域係数について説明しました。意味が理解頂けたと思います。地震地域係数は、各地域に規定された係数です。地震力の算定に必要です。まずは、地震力の計算法を覚えてくださいね。下記の記事を併せて参考にしてください。

地震力の算定方法と、簡単にわかるZ、Rt、Ai、Coの意味


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 地震地域係数とは?1分でわかる意味、一覧、沖縄、東京都、名古屋、静岡の値