1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のビームとは?1分でわかる意味、梁、使い方、H形鋼との関係
スポンサーリンク

建築のビームとは?1分でわかる意味、梁、使い方、H形鋼との関係

建築のビームとは、梁や桁を意味します。梁のことをビームという方もいるので、是非覚えましょう。今回は建築のビームの意味、梁や桁、H形鋼の関係、使い方について説明します。似た用語に、「ガーター」や「コラム」があります。ガーター、コラムの意味は、下記が参考になります。

g梁、b 梁とは?1分でわかる意味、略、cg梁、b梁、fg梁の意味、耐力壁の記号、kwの意味

コラム(冷間成形角型鋼管)とは何か?

建築のビームとは?

建築のビームとは、梁や桁を意味する用語です。建築業界では、梁のことをビームという方もいるので意味を覚えましょう。また、「小梁」という意味もあります。ビームは英語でbeamと書きます。beamの頭文字をとり、構造図では、小梁の符号を「B1」のように描きます。


小梁、構造部材の符号の意味は、下記が参考になります。

1分で分かる小梁の特徴と目的

構造図とは?1分でわかる意味、種類、見方、符号


また、大梁の符号は「G1」と書きます。Gは、Garter(ガーター)の頭文字をとっています。ガーターの意味は、下記が参考になります。

g梁、b 梁とは?1分でわかる意味、略、cg梁、b梁、fg梁の意味、耐力壁の記号、kwの意味


その他、梁には色々な種類があります。下記の記事も是非勉強しましょうね。

梁の種類とは?1分でわかる種類と構造

ビームの使い方とH形鋼の関係

ビームは建築物の梁や小梁として使います。ビームは、主に鉄骨造で使う用語です。鉄骨造の大梁や小梁はH形鋼を使います。H形鋼は断面性能が高く、単位重量が軽いです。経済性の高い鋼材です。H形鋼の意味、規格は下記が参考になります。

H鋼とは何か?


なお、H形鋼には色々な種類があります。


H形鋼を小梁に使う場合、細幅タイプを用います。細幅とは幅の狭いH形鋼です。断面性能は低い方ですが、軽いので経済的に有利です。一般的に、小梁は地震力を負担しないため、細幅タイプで十分です。大梁や柱にH形鋼を使う場合、中幅や広幅タイプが必要となります。細幅、中幅の意味、違いは下記が参考になります。

h形鋼の広幅、中幅、細幅とは?1分でわかる違い、特徴、使い方


その他、ビームに使うH形鋼として、ビルドH形鋼や外法一定H形鋼などがあります。詳細は下記が参考になります。

ビルドh鋼とは?1分でわかる意味、規格、重量、溶接

外法一定h形鋼とは?

まとめ

今回はビームについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。ビームは梁や小梁を意味する用語です。また、H形鋼はビームによく使う鋼材です。H形鋼の特徴や種類、規格も勉強しましょう。下記が参考になります。

H鋼とは何か?

h形鋼の広幅、中幅、細幅とは?1分でわかる違い、特徴、使い方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のビームとは?1分でわかる意味、梁、使い方、H形鋼との関係