1. HOME > 構造計算の基礎 > 曲げ降伏とは?1分でわかる意味、せん断破壊との関係、終局曲げ耐力

曲げ降伏とは?1分でわかる意味、せん断破壊との関係、終局曲げ耐力

曲げ降伏とは、曲げモーメントにより部材断面が降伏したことを意味します。実務では、単に「降伏」ともいいます。柱や梁は、なるべく曲げ降伏するよう設計します。今回は曲げ降伏の意味、せん断破壊との関係、終局曲げ耐力と曲げ降伏の関係について説明します。曲げ降伏は、建物の靱性が確保できる破壊性状です。靱性、降伏の意味は、下記の記事が参考になります。

靭性とは?靭性のある材料とは?建物の耐震性との関係

弾性と塑性の性質について

曲げ降伏とは?

曲げ降伏とは、曲げモーメントにより部材断面が降伏した状態です。また、下記の状態のとき、曲げ降伏が生じます。

終局曲げ耐力の求め方は後述しました。部材の破壊性状は、大まかに下記があります。


・曲げ降伏

・せん断破壊


せん断破壊は、脆性的な破壊です。せん断破壊が起きると、部材の耐力が急激に低下し、崩壊の恐れが高くなります。※せん断破壊した梁の上に、重量物が載ると梁が崩れます。専門的に言うと、鉛直力が負担できません。


一方、曲げ降伏が起きるとヒンジが発生します。ヒンジは、支点の「ピン」と同じです。鉛直、水平の反力は伝達可、曲げモーメントは伝達不可です。曲げ降伏が起きた後も、地震エネルギーが吸収可能なため、部材は曲げ降伏が起きるよう設計します。

曲げ降伏とせん断破壊の関係

柱、梁部材は、先に曲げ降伏が起きるよう設計します。柱に両端ヒンジが生じると、その柱は、それ以上、せん断力を負担できません。せん断力が増えないので、せん断破壊が起きないのです。


せん断破壊より先に、曲げ降伏を起こすためには、

とすれば良いでしょう(詳細な説明は省略します)。


曲げ降伏時の端部曲げモーメントがMuとします。このときのせん断力は、

です。 

終局曲げ耐力と曲げ降伏の関係

曲げ降伏は、下記の状況で生じます。


終局曲げ耐力の計算式は、鉄骨部材と鉄筋コンクリート部材で違います。また、柱と梁の違いで、計算式が変わります。柱は軸力の影響を考慮すべきです。例えば、鉄筋コンクリート梁の終局曲げ耐力は、下式で計算します。


Muは終局曲げ耐力、atは引張鉄筋断面積、σyは引張鉄筋の降伏強度、dは、梁の有効せいです。


鉄骨部材の終局曲げ耐力は、降伏強度に塑性断面係数を乗じた値です。なお、降伏強度は1.1倍することが可能です。塑性断面係数は、下記の記事が参考になります。

塑性断面係数と全塑性モーメント

まとめ

今回は曲げ降伏について説明しました。意味が理解頂けたと思います。曲げ降伏とは、曲げモーメントにより部材が降伏した状態です。部材の破壊性状は、曲げ降伏とせん断破壊があります。柱や梁は、せん断破壊しないよう設計することが原則です。せん断耐力を高めるには、部材断面を大きくしたり、帯筋やあばら筋を増やします。※降伏、せん断耐力の意味は、下記の記事が参考になります。

弾性と塑性の性質について

せん断耐力とは?1分でわかる意味、求め方、コンクリートの式、単位

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 曲げ降伏とは?1分でわかる意味、せん断破壊との関係、終局曲げ耐力