1. HOME > 構造計算の基礎 > 劣化対策等級とは?1分でわかる意味、等級2と3の違い、耐震等級との違い

劣化対策等級とは?1分でわかる意味、等級2と3の違い、耐震等級との違い

劣化対策等級は、構造躯体の劣化のしにくさを示します。等級1〜3まであり、3が最も高品質です。劣化対策等級と似た用語で、耐震等級があります。耐震等級は、住宅の地震に抵抗する度合いを示します。今回は、劣化対策等級の意味、等級2と3の違い、耐震等級との違いについて説明します。※耐震等級の意味は、下記の記事が参考になります。

劣化対策等級とは?

劣化対策等級は、構造躯体の劣化のしにくさを示します。等級に応じて、大規模な改修工事が不要な期間が長くなり、相応の劣化対策が求められます。等級3が最も性能が高いです。下記に、劣化対策等級と劣化が生じない期間を示します。


等級3 ⇒ 75〜90年程度、大規模な改修工事が不要となるよう劣化対策を行う

等級2 ⇒ 50〜60年程度、大規模な改修工事が不要となるよう劣化対策を行う

等級1 ⇒ 建築基準法程度

劣化対策等級と劣化現象

劣化対策等級で定義される構造躯体の「劣化」を下記に整理しました。


鉄骨造 ⇒ 錆による断面欠損など

鉄筋コンクリート造 ⇒ 中性化、凍結融解によるひび割れ、鉄筋の錆など

木造 ⇒ 腐食、シロアリ被害など


凍結融解とは、寒冷地などでコンクリート中の水分が凍って解ける現象です。水が氷に変わるとき、体積が膨張します。膨張するときの圧力で、コンクリートにひび割れが生じます。ひび割れから、鉄筋に錆が生じる恐れがあります。※凍結融解の意味は、下記の記事が参考になります。

凍結深度ってなに?凍結深度と基礎の関係

劣化対策等級2と3の違い

劣化対策等級2と3の違いを、下記に整理しました。


等級3 ⇒ 75〜90年程度、大規模改修工事が不要

等級2 ⇒ 50〜60年程度、大規模改修工事が不要


大規模改修工事が不要となる期間が、等級2と3で異なります。劣化対策等級と似た考え方に、計画共用期間があります。短期から超長期まで等級が分かれており、構造躯体の耐久性を示します。計画共用期間の考え方は、下記の記事が参考になります。

計画共用期間とは?1分でわかる意味、読み方、耐用年数、強度との関係

劣化対策等級と耐震等級との違い

劣化対策等級と耐震等級の違いを下記に整理しました。


劣化対策等級 ⇒ 構造躯体の劣化のしにくさを示す

耐震等級 ⇒ 地震に抵抗する度合いを示す


耐震等級の意味は、下記の記事が参考になります。

耐震等級とは?1分でわかる意味、建築基準法との関係、マンションの等級

まとめ

今回は劣化対策等級について説明しました。意味が理解頂けたと思います。劣化対策等級は、構造躯体の劣化のしにくさを表します。劣化対策等級の意味、等級2と3の違いを覚えてください。また、他の基準として、耐震等級、耐風等級、耐積雪等級など併せて参考にしてくださいね。

耐震等級とは?1分でわかる意味、建築基準法との関係、マンションの等級

耐積雪等級とは?

耐風等級とは?


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 劣化対策等級とは?1分でわかる意味、等級2と3の違い、耐震等級との違い