1. HOME > 構造計算の基礎 > tfとは?1分でわかる単位の意味、読み方、変換、tf/u

tfとは?1分でわかる単位の意味、読み方、変換、tf/u

tfとは、重さを表す工学単位系の1つです。質量が1tの物体に働く重量です。「とんふぉーす」と読みます。今回はtfの単位の意味、読み方、変換方法、tf/uとの関係について説明します。建築では、tfを荷重の単位として使います。荷重の単位は下記の記事が参考になります。

荷重の単位とは?1分でわかる意味、種類、換算、ニュートン、nとの関係


なお質量と重量の違いが分からない方は、下記の記事も参考になります。

質量と重量の違いは?1分でわかる意味、違い、換算、体重計、重力

tfとは?

tfとは、重さを表す工学単位系の1つです。質量が1tの物体に働く重量と考えてください。質量と重量の違いはが分からない方は、下記の記事も参考になります。

質量と重量の違いは?1分でわかる意味、違い、換算、体重計、重力


工学単位系は重さを表す単位の1つです。ただし現在はSI単位系をよく使い、工学単位系を使うことが少ないです。tfをSI単位系にすると、


1tf=9.8kN


です。建築の構造計算では、9.8という数字が面倒なので10kNとします。


※SI単位系、kNの意味は、下記の記事が参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

knからkgの換算法は?1分でわかる換算、単位変換、knとkgfの関係

tfの読み方

tfは「とんふぉーす」と読みます。関係する用語の読み方を下記に整理しました。


kN ⇒ きろにゅーとん

N ⇒ にゅーとん

tf/u ⇒ とんふぉーすぱーへいべい

tfの変換

tfは工学単位系なので使う機会が少ないです。ただし、tfからkNやNへの単位変換は覚えましょう。


1tf ⇒ 1000 kgf

1tf ⇒ 10 kN(=9.8kN)

1 tf ⇒ 10000N(=9800kN)


特にtfからkNへの変換は、建築の仕事でよく使います。また簡単に覚えられるので忘れないでくださいね。他にも荷重の単位変換は、下記の記事が参考になります。

荷重の単位とは?1分でわかる意味、種類、換算、ニュートン、nとの関係

tfとtf/uとの関係

tfは集中荷重、tf/uは等分布荷重(平米荷重)を意味します。下図をみてください。tfは集中的に作用する1tの重量です。tf/uは、単位面積に分布して作用する重量です。

tfとtf/uの関係

集中荷重、等分布荷重の違いは下記の記事も参考になります。

等分布荷重とは?集中荷重との違いや使い方について


1tfと1tf/uは、どちらが大きい値でしょうか。これは一概に判断できません。単位が違うからです。両者の値を比較するには、単位をそろえる必要があります。


平米荷重が作用する物体の面積が「1u」なら、同じ重さです。面積が2uになれば、2 tfですね。

まとめ

今回はtfについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。tfは、重さを表す工学単位系の1つです。「とんふぉーす」と読みます。tfはあまり使わない単位ですが、kNとの関係は必ず覚えてください。下記の記事も参考になります。

荷重の単位とは?1分でわかる意味、種類、換算、ニュートン、nとの関係

質量と重量の違いは?1分でわかる意味、違い、換算、体重計、重力


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > tfとは?1分でわかる単位の意味、読み方、変換、tf/u