建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ss400の許容応力は?1分でわかる値、求め方、応力ひずみ線図

ss400の許容応力は?1分でわかる値、求め方、応力ひずみ線図

7/1最新版入荷!一級建築士対策も◎!290名以上の方に大好評の用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集


ss400の許容応力は、長期許容応力(引張、圧縮、曲げ)は156N/m㎡、長期許容せん断応力は90.6 N/m㎡、短期許容応力(引張、圧縮、曲げ)は235 N/m㎡、短期許容せん断応力は135.8 N/m㎡です。また短期許容応力=長期許容応力×1.5なので、長期の値を暗記すればss400の許容応力が分かります。今回は、ss400の許容応力の値、求め方、応力ひずみ線図について説明します。ss400の規格、許容せん断応力などは下記が参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバーの関係

ss400の許容せん断応力度は?1分でわかる値、安全率、jis、ボルトの関係

ss400の許容応力は?

ss400の許容応力を下記に示します。下記値は建築基準法等に規定される値です。またss400の「400」は引張強さの下限値です。


長期許容応力(引張、圧縮、曲げ)=156N/m㎡

長期許容せん断応力=90.6

短期許容応力(引張、圧縮、曲げ)=235

短期許容せん断応力=135.8


「4つも値を覚えるのか…」と思うかもしれませんが、違います。短期許容応力=長期許容応力×1.5という関係です。また、許容せん断応力=許容応力÷√3です。よって156又は235の値を暗記すれば良いのです。許容せん断応力の詳細は下記が参考になります。

ss400の許容せん断応力度は?1分でわかる値、安全率、jis、ボルトの関係


ただし、圧縮と曲げの許容応力は、上記の値とは別に「座屈を考慮した算定式」を用います。許容圧縮応力、許容曲げ応力の求め方は下記が参考になります。

許容圧縮応力度とは?1分でわかる意味、求め方、鋼材の値、コンクリートの値

許容曲げ応力度とは?1分でわかる意味、fbの計算式、ss400の値


なおss400の鋼板厚さが40超~100mm以下の場合、235⇒215となります。これに伴い156、90.6、135.8の値も変わります。


下図をみてください。JIS規格によるss400の機械的性質を示します。


ss400の機械的性質


降伏点(短期許容応力)=245N/m㎡ですが、一般的にこの値は使いません。詳細は下記も参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバーの関係

スポンサーリンク
 

ss400の許容応力と求め方

ss400の許容応力の求め方を下記に示します。


長期許容応力(引張、圧縮、曲げ)=156N/m㎡

長期許容せん断応力=156÷√3=90.6

短期許容応力(引張、圧縮、曲げ)=156×1.5=235

短期許容せん断応力=90.6×1.5=135.8


上記の1.5という値を安全率といいます。安全率の意味は下記が参考になります。

安全率ってなに?色んな材料の安全率と降伏強度との関係


また許容せん断応力を求める場合、√3で割る理由は下記をご覧ください。

許容せん断応力度とミーゼスの降伏条件式の関係

ss400の応力ひずみ線図

ss400の応力ひずみ線図を下図に示します。


応力ひずみ線図


上図のss400の最大応力度が400N/m㎡以上です。応力ひずみ線図の詳細は下記をご覧ください。

応力ひずみ線図とは?1分でわかる意味、ヤング率と傾き、考察、書き方、脆性材料

まとめ

今回はss400の許容応力について説明しました。許容応力の値、求め方が理解頂けたと思います。許容応力の値は、構造計算で必ず使います。ss400の許容応力は暗記しても良いですが、求め方もしっかり覚えてくださいね。下記も参考にしてください。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバーの関係

ss400の許容せん断応力度は?1分でわかる値、安全率、jis、ボルトの関係

【割引中】一級建築士対策も◎!大好評のお得な用語集はこちら⇒ 全92頁!収録用語1100以上!建築構造がわかる専門用語集



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
建築構造がわかる基礎図解集
pdf版の学習記事

更新情報

【無料】あなたの本当の強みを知りたくないですか?

転職や就活で大活躍の自己分析⇒ 就活や転職で役立つリクナビのグッドポイント診断

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ss400の許容応力は?1分でわかる値、求め方、応力ひずみ線図
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事