1. HOME > 構造計算の基礎 > 安定性とは?1分でわかる意味、安定性の高い建築物、安定構造と不安定構造
スポンサーリンク

安定性とは?1分でわかる意味、安定性の高い建築物、安定構造と不安定構造

安定性とは、構造物が外力を受けても落ち着いた状態、変化が少ない状態となる性質です。全ての建築物は安定性を有する必要があります。今回は安定性の意味、安定性の高い建築物、安定構造と不安定構造について説明します。安定構造物、不安定構造物の意味は、下記の記事も参考になります。

安定構造物とは?1分でわかる意味、反力数、静定状態、確認方法

不安定構造物とは?

安定性とは?

安定性とは、構造物が外力を受けても落ち着いた状態、変化が少ない状態となる性質です。下図をみてください。建物に横から外力が作用しました。建物は外力を受けても、あまり変化が無く、落ち着いた状態です。この建物は、安定性を有しています。

安定性

次に下図をみてください。同じ外力が作用したとき、建物が横に倒れました(実際には、こんな建物は無いです)。これは安定性が無い建物です。

不安定性

建築物は、「あらゆる外力」に対して安定性を有する必要があります。似た用語に、「安全性」があります。詳細は、下記が参考になります。

建築物の安全性は?1分でわかる意味、建築基準法との関係

安定性の高い建築物

安定性の高い建築物の特徴として、


支点(重さを支持する点)が多いこと


が挙げられます。下図をみてください。片側だけで留まる梁(A)と、両側で留まる梁(B)があります。Aの梁は、片側の支点が壊れた途端、安定性を失います。冗長性の無い構造です。冗長性の意味は、下記が参考になります。

冗長性とは?1分でわかる意味、読み方、建築での使い方、冗長性

安定性の高い建築物

一方、Bは片方の支点が壊れても、急な崩壊(部材が壊れる可能性はあるが)は逃れる可能性があります。また、下図のように極端に支点が多い構造では、1つの支点が壊れても、別の支点に力が流れるでしょう。

極端に支点の多い建築物

ただし、支点の多い構造は「不静定構造」といい、思いもよらない箇所に力が集中するので注意しましょう。不静定構造の意味は、下記が参考になります。

静定構造物と不静定構造物の違いと特徴

安定構造と不安定構造

安定性のある構造物を安定構造、逆を不安定構造といいます。日本にある、ほとんどの建築物は安定構造です(古い建築物の中には、不安定構造もあるかもしれません)。詳細は、下記が参考になります。

安定構造物とは?1分でわかる意味、反力数、静定状態、確認方法

不安定構造物とは?

まとめ

今回は安定性について説明しました。意味が理解頂けたと思います。安定性は、外力を受けても落ち着いた状態、変化が少ない状態です。建築物は安定性をもつ必要があります。構造物の安定、不安定の意味を理解しましょう。安定構造には、静定構造と不静定構造があります。下記の記事も勉強しましょうね。

安定構造物とは?1分でわかる意味、反力数、静定状態、確認方法

静定構造物と不静定構造物の違いと特徴


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 安定性とは?1分でわかる意味、安定性の高い建築物、安定構造と不安定構造