1. HOME > 構造計算の基礎 > 負荷とは?1分でわかる意味、除荷、付加との違い、使い方、負担との違い
スポンサーリンク

負荷とは?1分でわかる意味、除荷、付加との違い、使い方、負担との違い

負荷(ふか)とは、荷重を徐々に作用させる(増やす)ことです。実験などで、試験体に荷重を作用させることを「負荷させる」ともいいます。今回は負荷の意味、除荷、付加との違い、使い方、負担との違いについて説明します。似た用語に「除荷(じょか)」があります。荷重を取り除くことです。弾性範囲内で、荷重を除荷すれば変形は元に戻ります。弾性の意味は、下記が参考になります。

弾性と塑性の性質について

負荷とは?

負荷とは、荷重を徐々に増やすことです。下図をみてください。鋼材の引張試験では、下図のように荷重を徐々に増加させ、荷重と変位の関係を確認します。

負荷と引張試験

負荷を続けると、あるところで荷重が低下します。これを降伏点といいます。鋼材の引張試験、降伏点、荷重と変位の関係は下記が参考になります。

応力ひずみ線図とは?1分でわかる意味、ヤング率と傾き、考察、書き方

降伏点とは?1分でわかる意味、求め方、SS400の値、単位、引張強さ

荷重変位曲線とは?1分でわかる意味、傾き、伸び、応力ひずみ曲線


降伏点の手前で負荷をやめ、荷重を取り除きます。これを除荷といいます。弾性範囲内で除荷をすれば、試験体は変形の無い状態に戻ります。弾性の意味は、下記が参考になります。

弾性と塑性の性質について

負荷の読み方

負荷は、「ふか」と読みます。関係用語の読み方を、下記に示します。


除荷 ⇒ じょか

付加 ⇒ ふか

負担 ⇒ ふたん

負荷と除荷の違い

負荷と除荷の違いを下記に示します。


負荷 ⇒ 荷重を増加させること

除荷 ⇒ 荷重を取り除くこと

負荷と付加、負担の違い

負荷と付加の違いを、下記に示します。


負荷 ⇒ 荷重を増加させること

付加 ⇒ あるものに、付け加えること

負担 ⇒ 荷物をかつぐこと。責任をおうこと。


実は、「負担」という用語は、構造設計の実務でよく使います。例えば、


ほとんどの水平力を、ブレースが「負担」する

柱が軸力を負担する


のように、部材が荷重を受けるとき使う用語です。

負荷の使い方

荷重を「負荷」させる、という使い方をします。

まとめ

今回は負担について説明しました。意味が理解頂けたと思います。負荷は、荷重を増加することです。似た用語に、負担があります。また除荷は、荷重を取り除くことです。負荷と除荷は、建築構造の実験でも使う用語なので是非理解したいですね。下記の記事も参考になります。

荷重変位曲線とは?1分でわかる意味、傾き、伸び、応力ひずみ曲線

弾性と塑性の性質について

引張試験とは?1分でわかる目的、降伏点、伸び、考察、試験片の形状


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 負荷とは?1分でわかる意味、除荷、付加との違い、使い方、負担との違い