1. HOME > 構造計算の基礎 > 荷重とは何か?

荷重とは何か?

建築業界にはきわめて専門用語が多いですね。僕たちが何気なく使っている言葉も、一般の方にはチンプンカンプンだったり。


特に構造設計者は、プレゼン下手な人が大勢いますから、専門用語を上手く噛み砕いて説明してくれません。


僕も構造設計者ですが、なるべく分かりやすい言葉で説明するよう心掛けています。今回は、『荷重』という、建築業界ではごく一般的な用語について説明していきます。


スポンサーリンク


荷重の意味

荷重とは、建築業界ではどんな意味でしょうか?


一言でいえば、『力』です。


また『外力』と同義でもあります。他には『外乱』という言葉もあります。


なぜ、1つの意味をあらわしている言葉が沢山あるのか? 実は僕も良くわかりません。しかし、建築業界で最も権威ある団体の建築学会では、『建築物荷重指針』という規準書を出版しています。


この本に、『荷重』という言葉が書いてあるように、物の重さを表す意味として『荷重』が正式な名称でしょう。


先に述べたように、荷重とは『力』と同じ意味です。専門家が『ここに荷重が作用しますので・・・』と説明してきたら、荷重を力に置き換えるとすんなり理解できます。


例えば、あなたがペンを折ろうとします。このとき、『ペンに荷重をかけている』と建築的には言えるのです。もちろん、ペンを折る行為は建築業務とは無関係ですから、『ペンに力をかける』とか言えます。


荷重の種類

建築学会が『荷重』に関する規準書を出版するように(600頁以上の書物)、一言で荷重と言っても多くの種類があります。


しかし、大まかに分けるなら2つだけです。


1.長期荷重

2.短期荷重


この2つだけです。簡単にいうと、長期荷重は人の重さや、机やイス、建物自体の重さです。短期荷重とは、地震による力、風、雪等による普段は発生しない力を意味します。これは、当サイトで詳しく説明しているので、読んでみてください。『長期荷重と短期荷重http://kentiku-kouzou.jp/struc-tyokitanki.html』


他にも、当サイトでは短期荷重の説明を行っています。下記からどうぞ。

・地震力はここで説明しています⇒『層せん断力の算定http://kentiku-kouzou.jp/struc-sosendanryoku.html』

・風圧力はここで説明しています⇒『風荷重http://kentiku-kouzou.jp/struc-kazekajuunituite.html』

・雪荷重はここで説明しています⇒『雪荷重http://kentiku-kouzou.jp/struc-yuki.html』


また、荷重の形にも色々あります。どういうことか?例えば、力士のつっぱりとボクサーのパンチが全く同じ力で放たれたとしても、その強さは何となく違いそうです。ボクサーのパンチの方が、集中的な力で貫通力がありそうです。


一方、力士のつっぱりは手のひらで押す技なので、貫通力はなさそうですが、手のひらで放つ分、少し大きな範囲にダメージを与えられそうです。


このように、荷重の形状には


1.集中荷重

2.分布荷重


の2つがあります。『外力の種類とモデル化http://kentiku-kouzou.jp/struc-gairyokumodel.html』


以上のように、当サイトでも荷重に関する説明は沢山しました。それほど複雑なのです。ともかく、一般の方は『荷重』=『力』だと理解すれば良いでしょう。


▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 風圧力と速度圧、風力係数とは何か?1目でわかる算定方法や関係