1. HOME > 構造計算の基礎 > 束材とは?1分でわかる意味、読み方、鉄骨、トラスとの関係
スポンサーリンク

束材とは?1分でわかる意味、読み方、鉄骨、トラスとの関係

束材とは、短い柱のことです。また、トラスを造る部材の1つです。主に、圧縮力を負担します。今回は束材の意味、読み方、鉄骨、トラスとの関係について説明します。木造の1階床を支える部材に、床束があります。床束、トラスの意味は、下記が参考になります。

床束とは?1分でわかる意味、読み方、使い方と注意点

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法

束材とは?

束材は、短い柱のことです。下図をみてください。これが束材です。

束材

木造建物の小屋組みや、トラス、張弦梁を構成する部材として束材を使います。一般的な柱より短く、圧縮力を負担します。小屋組み、トラス構造、張弦梁構造は、下記が参考になります。

和小屋とは?1分でわかる意味、構造、利点、スパン、洋小屋との違い

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法

張弦梁構造とは?1分でわかる意味、仕組み、特徴、トラス構造との関係

束材の読み方

束材は、「つかざい」と読みます。束材の関係用語の読み方を、下記に示します。


弦材 ⇒ げんざい

斜材 ⇒ しゃざい

張弦梁構造 ⇒ ちょうげんばりこうぞう

平行弦トラス ⇒ へいこうげんとらす


張弦梁構造、平行弦トラス構造は、束材、斜材、弦材で構成されます。詳細は、下記が参考になります。

張弦梁構造とは?1分でわかる意味、仕組み、特徴、トラス構造との関係

平行弦トラスとは?1分でわかる意味、スパン、計算法

束材と鉄骨の関係

鉄骨部材による束材は、座屈に抵抗できる断面とします。棒鋼のような細い部材、軽量形鋼は使えません。アングル材、チャンネル材、H形鋼材などの重量鋼材を使いましょう。特に、アングル、チャンネル材は接合しやすいので、よく使う断面です。アングル、チャンネルの詳細は、下記が参考になります。

アングル材の規格が丸わかり!等辺山形鋼のサイズと断面性能

溝形鋼のサイズと断面性能

束材とトラスの関係

トラス構造は、主に3つの部材で構成されます。


弦材

束材

斜材


束材は圧縮力を負担するので、座屈に注意します。弦材は、引張力又は圧縮力が作用します。トラスの組み方により応力が変わります。なるべく引張力が生じるよう組むと、小さな断面にできます。

まとめ

今回は束材について説明しました。意味が理解頂けたと思います。束材は、短い柱です。トラス構造や、木造建物の小屋組みに使います。束材の役割、生じる応力を覚えましょう。鉄骨部材の束材は、座屈が起きない断面を採用しましょうね。下記の記事も参考になります。

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法

張弦梁構造とは?1分でわかる意味、仕組み、特徴、トラス構造との関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 束材とは?1分でわかる意味、読み方、鉄骨、トラスとの関係